東京都渋谷区代々木2-23-1-572
バレエ治療院あんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

アキレス腱の痛みがなくなっています

バレエのための鍼灸治療、バレエ鍼灸

アキレス腱の近くが痛くなってくるとポワントも履きづらくなりますね。。。つまったような痛みの原因は、足底の筋肉がつかえていないのが原因です。そんな痛みを駆けてきたHさまの声をご紹介します~

 

発表会前になるとリハーサルがつづくじゃないですか、そしたらアキレス腱が痛くなってきて、もう出るの止めようかと思うくらいで、舞台終わっても治らなかったんです。
ここにきて、治療してもらって、足首の力抜く方法を教えてもらったら、その後のレッスン終わった時に、アキレスが痛くなかったです。

 

そんなのホントに久々だったからうれしくて。それに、足裏の意識の仕方を教えてもらってたので、足裏が筋肉痛になって足裏使ってるのがすこしつかめた感じです〜

H・Kさま

 

 

ここでポワントワークでアキレスを痛めない方法のうち3つをご紹介します。

 

◎脚の甲側の筋肉で立たないこと

 

◎足首のくるぶしを意識して立つこと

 

◎腰で履くこと

 

これができていないと、アキレス腱を痛めやすいのです。そしてラバーバンドで甲出しストレッチをする時にアキレス腱を詰めてやってしまう人も沢山います。その状態でレッスンやリハが続くと、アキレス腱の外側、内側にヒリヒリした痛みが…その時にはすでに炎症が出ている証拠です。

 

ヒリヒリが出てきいるなら、それは一つのサイン。バレエのための治療、バレエ鍼灸は、炎症を取るのに大きな効果があるので、早めに治療をすると回復もそれだけ早くなります。

 

バレエ鍼灸
バレエ・ダンスのケガの治療、バレエ鍼灸、バレエ治療院あんじゅ

 

投稿者プロフィール

市川淑宥子(ようこ)
市川淑宥子(ようこ)バレエ治療院あんじゅ院長
一般社団法人日本バレエワークアウト協会理事
バレエ解剖学講師/バー・アスティエ講師

2008年にこれまでになかったバレエ・ダンスのための鍼灸治療をバレエ鍼灸と命名、バレエ治療院あんじゅを四ッ谷にオープン。以来、国内外のダンサーの治療に当たる。

2013年NPO法人バー・アスティエ協会の講師資格を取得、2014年以降バレエの解剖学運動学に基づいたトレーニングメニューやフロアバレエクラスをスタート。

2019年『骨盤が立てばあなたの開脚は変わる』を出版し、バレエ・ダンス・表現スポーツに欠かせない開脚エクササイズを紹介している。