東京都渋谷区代々木2-23-1-572
バレエ治療院あんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

脚のラインが変わりました~

ターンアウト改善、アンドゥオール、開脚

ダンサー・ダンス教室主催 Mさま

久しぶりにあった友達に『脚やせたんじゃない?!』って言われたんです。
ここで習った脚のラインや使い方をレッスン以外、普段の生活でも意識するようにしてたんですが、彼女が気づくほど違いが出てたなんてうれしくなりました。
この後も意識して帰ります~

バレエを学び、海外へでることも考えたMさま。今は小中学生のお子さんにダンスを教えています。長年つらい思いを抱えた座骨神経痛と股関節痛が収まってきたので次のステップにいきました。この症状があることは=カラダのラインに問題があることでもあります。

 

ターンアウト改善、バレエ治療院あんじゅ

 

トレーニングでは、今のカラダの状態を自身で感じるところから始まります。正しい位置で寝ているのに、自分では歪んでいるように感じることがほとんど。それこそカラダに歪みが出ている証拠なのです。この歪みを認識することが、次への段階になるのです。脚のラインも、正しい使い方でやると力が抜けていきます。だからMさまのように『脚がやせていく』のです。

 

ダンサーだからこその脚のライン、これは一般の脚やせや骨盤矯正では得られないものです。

 

 

>>>電話:090-9362-0080

 

 

 

投稿者プロフィール

市川淑宥子(ようこ)
市川淑宥子(ようこ)バレエ治療院あんじゅ院長
一般社団法人日本バレエワークアウト協会理事
バレエ解剖学講師/バー・アスティエ講師

2008年にこれまでになかったバレエ・ダンスのための鍼灸治療をバレエ鍼灸と命名、バレエ治療院あんじゅを四ッ谷にオープン。以来、国内外のダンサーの治療に当たる。

2013年NPO法人バー・アスティエ協会の講師資格を取得、2014年以降バレエの解剖学運動学に基づいたトレーニングメニューやフロアバレエクラスをスタート。

2019年『骨盤が立てばあなたの開脚は変わる』を出版し、バレエ・ダンス・表現スポーツに欠かせない開脚エクササイズを紹介している。