東京都渋谷区代々木2-23-1-572
バレエ治療院あんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

膝が深く曲げられない時には何が起こっているのか?

バレエ、ダンスのケガの治療、バレエ治療院あんじゅ

膝が深く曲げられないほどになって来院されたAさん。初回受けた感想を二回目にいただきました。

 

膝が曲げられやすくなってて、立ちやすいです。ふくらはぎか自分史上最高に柔らかくてびっくりでした。今まで、硬いってことにも気づかないで踊っていたか も。マッサージとかよってましてけど、こんなに柔らかくなったことなかったです。鍼やったらこんなに違うのかって驚いています。

 

今は変わっていく自分が楽しいし、こんなに筋肉が柔らかくなってるんだから大丈夫、治るって感じました。

M・Aさん ダンサー・インストラクター

 

 

来院された時は、《ストレッチしても全然硬さが取れなくて、続けていたらピンとはって痛くなって、そのうち膝が曲げられなくなった》状態でした。これは、膝に関わる筋肉を無理に伸ばしすぎたために、逆に柔軟性が失われた状態です。

 

こういう時、何が起こっていると思いますか?

 

それが血流障害なんです。

 

筋肉はゆるやかに血流が流れているからこそ柔らかいのです

 

パンパンにはったふくらはぎや、パツンパツンのハムストリングを柔らかくするには、この血流を改善することがポイントです。そして、実は鍼こそ血流改善にとてもよい手法なのです。その秘密、それが免疫システム。鍼がカラダの中に入るからこそ発揮できる力もあります。

 

バレエ治療院あんじゅの治療メソッドで第一に鍼灸をあげているのも、鍼が血流改善に髙い効果をもたらしてくれるから。治療が終わった後は、鍼なのに筋肉がプルプルになっています。その瞬間が、Aさんの『自分史上最高に柔らかい』という言葉に表れているのです。

 

ダンスをする筋肉を柔らかくするバレエ鍼灸はこちらからどうぞ

 

バレエ・ダンスのケガの治療、バレエ鍼灸、バレエ治療院あんじゅ

 

 

 

投稿者プロフィール

市川淑宥子(ようこ)
市川淑宥子(ようこ)バレエ治療院あんじゅ院長
一般社団法人日本バレエワークアウト協会理事
バレエ解剖学講師/バー・アスティエ講師

2008年にこれまでになかったバレエ・ダンスのための鍼灸治療をバレエ鍼灸と命名、バレエ治療院あんじゅを四ッ谷にオープン。以来、国内外のダンサーの治療に当たる。

2013年NPO法人バー・アスティエ協会の講師資格を取得、2014年以降バレエの解剖学運動学に基づいたトレーニングメニューやフロアバレエクラスをスタート。

2019年『骨盤が立てばあなたの開脚は変わる』を出版し、バレエ・ダンス・表現スポーツに欠かせない開脚エクササイズを紹介している。