東京都渋谷区代々木2-23-1-572
バレエ治療院あんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

ダンサーの体調管理にバレエ鍼灸

バレエのための鍼灸治療、バレエ鍼灸

土曜日はありがとうございました。あの後、止まってた生理がきました。頭痛はそのせいだったようです。流石です、ゴッドハンド。お陰様で気の流れが少し整ったようです。次回また宜しくお願い致します。

iPhoneから送信してくれたのはSさん。

 

踊っていて不調なのは、何も怪我や痛みが原因なだけではないんです。

 

女性ダンサーの場合、ホルモンのバランスが踊りに影響があることは少なくありません。カラダ全体のバランスが取れてないと、体重が増えたわけではないのにカラダが重く感じ、キレがなくなり、余計な筋肉を使ってしまってガチガチになることがあります。そうなるとストレッチしてもどうにもカラダが整わなくなってしまうのです。こういう時にあんじゅのバレエ鍼灸は大きな効果を発揮してくれます。

痛みや炎症がある場合は、それらを抑えて取り除くことが最優先になる。けれど生理不順や頭痛、耳鳴り、めまい、胃のもたれもしっかり治すことができます。それは、基本に内臓疾患を診る経絡治療がベースにあるから。

踊っているとつい筋肉のことばかり考えてしまいがち。でも、バレエ・ダンスは筋肉だけで踊るものではないですよね。

カラダ内部のバランスが良くなると自然と外側の筋肉もふわっと柔らかくなるのです。すると余分な力が抜けて、気持ちよく踊れるから表現力もアップする、踊っていて目指したい方向も見えてきます。

 

 

バレエ・ダンスのケガの治療、バレエ鍼灸、バレエ治療院あんじゅ

 

 

>>>電話:090-9362-0080

 

投稿者プロフィール

市川淑宥子(ようこ)
市川淑宥子(ようこ)バレエ治療院あんじゅ院長
一般社団法人日本バレエワークアウト協会理事
バレエ解剖学講師/バー・アスティエ講師

2008年にこれまでになかったバレエ・ダンスのための鍼灸治療をバレエ鍼灸と命名、バレエ治療院あんじゅを四ッ谷にオープン。以来、国内外のダンサーの治療に当たる。

2013年NPO法人バー・アスティエ協会の講師資格を取得、2014年以降バレエの解剖学運動学に基づいたトレーニングメニューやフロアバレエクラスをスタート。

2019年『骨盤が立てばあなたの開脚は変わる』を出版し、バレエ・ダンス・表現スポーツに欠かせない開脚エクササイズを紹介している。