東京都渋谷区代々木2-23-1-572
バレエ治療院あんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

バー・アスティエクラスを受けてみて (2)

フロアバレエ、バー・アスティエ、バレエ治療院あんじゅ

バー・アスティエをやってみるといろんな発見があるのですが、その感想をお二人からお聞きしました。日曜日のクラスの後、バレエのレッスンに行きました。何より何時もより力が抜けてカチカチなバレエを少し抜け出せそうな感覚がありました.

Oさん

 

肩甲骨を降ろす事でお腹をいつもよりは引きあげられて、足のアンドゥオールも少しは良かったような、気がしました (笑)何より何時もより力が抜けてカチカチなバレエを少し抜け出せそうな感覚はありましたので バーアスティエのお陰かも。

Mさん

 

フロアバーは床に座るからバレエとはちょっと違うのかな、、、と思うかもしれませんが、床に座って踊るからこそ見えてくることがあるのです。
それは、自分のカラダの歪み。
 
ディベロッペで脚が上がらないのでは、脚の問題というより体幹の問題だったりします。いろんなストレッチやエクササイズを試してみたけれど、何か違う。。。と感じていたら、トライしてみるチャンスです。
 

 

バー・アスティエクラス

 

投稿者プロフィール

市川淑宥子(ようこ)
市川淑宥子(ようこ)バレエ治療院あんじゅ院長
一般社団法人日本バレエワークアウト協会理事
バレエ解剖学講師/バー・アスティエ講師

2008年にこれまでになかったバレエ・ダンスのための鍼灸治療をバレエ鍼灸と命名、バレエ治療院あんじゅを四ッ谷にオープン。以来、国内外のダンサーの治療に当たる。

2013年NPO法人バー・アスティエ協会の講師資格を取得、2014年以降バレエの解剖学運動学に基づいたトレーニングメニューやフロアバレエクラスをスタート。

2019年『骨盤が立てばあなたの開脚は変わる』を出版し、バレエ・ダンス・表現スポーツに欠かせない開脚エクササイズを紹介している。