東京都渋谷区代々木2-23-1-572
バレエ治療院あんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

セルフケアとバレエ整体の違いとは

バレエ整体・ドローインプラス、バレエ治療院あんじゅ

大きなワークショップが終わって、また次のイベントのリハーサルで身体を酷使しているみたいで、セルフケアでは追いつかない状況となっていて、予約お願いします。

と連絡があったKさん。

 

彼女の悩みは、上半身特に首肩のコリ。ひどい時は頭痛もしてくるタイプのコリです。この日いらした時の状態もそれに近く、なんだか背中に首が埋まってしまってるようにみえていました。

 

日本舞踊に対して、バレエ・ダンスは脚踊りと言われるくらい、脚を使って表現します。でも、脚を自由に動かすにはしっかりとした上半身が必要。このマリオネットも、胴体の部分がふわふわでフラフラしていたら手足は自由に動かせませんよね。

 

 

 

踊るカラダのコントロールはマリオネットに似ています、バレエ治療院あんじゅ

 

 

バレエ整体+アロマでは、先ず一人ひとりのどこに歪みの元があるかをみてから施術を始めています。首肩の関節をほぐしていくと、余分な力が抜けてストンと肩もおりていきます。すると股関節もゆるむので、脚まで軽くなっていきます。

 

終わった後の感想はこちら

 

生き返った感じです。もう首がつまってどうにかなりそうだったのに、今は背中から脚までスッキリです。

 

 

踊るカラダのラインを整えるバレエ整体、バレエ治療院あんじゅ

 

 

どこに歪みが潜んでいるか判断するにはセルフケアではなかなかできません。外からの目を入れてしっかりケアをしていくこと、それが次のステージにための準備になります。

 

バレエ整体・ドローインプラス、全く新しいバレエ整体、バレエ治療院あんじゅ

投稿者プロフィール

市川淑宥子(ようこ)
市川淑宥子(ようこ)バレエ治療院あんじゅ院長
一般社団法人日本バレエワークアウト協会理事
バレエ解剖学講師/バー・アスティエ講師

2008年にこれまでになかったバレエ・ダンスのための鍼灸治療をバレエ鍼灸と命名、バレエ治療院あんじゅを四ッ谷にオープン。以来、国内外のダンサーの治療に当たる。

2013年NPO法人バー・アスティエ協会の講師資格を取得、2014年以降バレエの解剖学運動学に基づいたトレーニングメニューやフロアバレエクラスをスタート。

2019年『骨盤が立てばあなたの開脚は変わる』を出版し、バレエ・ダンス・表現スポーツに欠かせない開脚エクササイズを紹介している。