東京都渋谷区代々木2-23-1-572
バレエ治療院あんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

筋肉の伸びを良くするバレエ鍼灸

バレエのための鍼灸治療、バレエ鍼灸

鍼は初めてだったのに痛くなくてビックリだったんですが、それより驚いたのは終わった後ものすごく脚が軽くなっていたことです。

 

嬉しくて家に帰ると脚あげたり、ストレッチしちゃいました。ここにくる前は、自分でストレッチしてたんですが、どこかが邪魔したように伸びてなかったのに、今はものすごく楽に伸びてます。筋肉が柔らかいっていいですね。

 

Mさん

 

バレエ教師Mさんに限らず、先生になると自分のレッスン量が減ってきてしまいます。特に一人でクラスを切り盛りしているお教室だとその傾向が少なくありません。カラダが重いな、脚が固まっているなと感じていても目の前の生徒達のことを先に考えてしまいます。そして、教えと自分のレッスンのバランスをとるのが一番難しくなるのが発表会前。ステージを作るために自分のレッスンを控えてしまいがち。踊る先生だって、自身のカラダを整えていく必要があるのにです。

 

いざレッスンとなってもガチガ、チこりこりでは、その時間がもったいない限り。少ない時間だからこそ効率よくレッスンしたいのがバレエの先生の気持ちですよね。

 

バレエのための鍼灸治療、「バレエ鍼灸」はカラダの芯からゆるめるので、筋肉の柔らかさの保ちが違ってくるのです。Mさんの言葉がこの効果を語ってくれています。

 

 

 
バレエ鍼灸

 

投稿者プロフィール

市川淑宥子(ようこ)
市川淑宥子(ようこ)バレエ治療院あんじゅ院長
一般社団法人日本バレエワークアウト協会理事
バレエ解剖学講師/バー・アスティエ講師

2008年にこれまでになかったバレエ・ダンスのための鍼灸治療をバレエ鍼灸と命名、バレエ治療院あんじゅを四ッ谷にオープン。以来、国内外のダンサーの治療に当たる。

2013年NPO法人バー・アスティエ協会の講師資格を取得、2014年以降バレエの解剖学運動学に基づいたトレーニングメニューやフロアバレエクラスをスタート。

2019年『骨盤が立てばあなたの開脚は変わる』を出版し、バレエ・ダンス・表現スポーツに欠かせない開脚エクササイズを紹介している。