東京都渋谷区代々木2-23-1-572
バレエ治療院あんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

スプリッツもダンスの基本です

チアリーディング、チアダンスの腰痛、バレエ治療院あんじゅ

スプリッツもダンスの基本ですよ

 

開脚とともに並んで絶対できるようになりたい!な柔軟にスプリッツありますね。

 

よく見かけるやり方は、立った状態、もしくはしゃがんだ状態から脚を前後に伸ばして下に降りていくスタイル。

 

こちらの参考写真

 

スプリッツ完成への道、上から乗っからない方がスプリッツは改善する、バレエ治療院あんじゅ

 

バレエの助教もしているKさんにスプリッツの残念編をやってもらったものです。

 

新体操クラブでも、上から降りてくるスタイルが多いようですが、体幹がまだ成長しておらず、筋力が足りないジュニアやカラダが硬くなってしまう大人になってバレエやダンスを再開する、始める方々がこれを続けると、逆に骨盤や背骨に歪みをつくっていく原因にもなるから要注意。

 

実際にダンサーさんはそんな風にはやっていないことがほとんどですよ。

 

海外カンパニー日本人ダンサーのスプリッツ、バレエ治療院あんじゅ

 

クリックするとリンク画像に飛びます。2分20秒くらいから、ダンサーさんがスプリッツするところがみられますよ!

 

どうでしょうか?

 

腰がすくっと立って座っているので、上から降りてくるなんてしなくても大丈夫なんです。作品の中には立った状態からスプリッツになる振り付けが入っていることもあります。そういう時にはもちろん降りてくるんですが、普段のスプリッツはこんな風にやっている方がほとんど。

上から降りてきてもどこも何ともない、というのであればいいですが、今のやり方で後一歩が…と思っているなら、改善すべきは上半身を含めた骨盤のプレースメント、腰を立てているからこそ、スプリッツも改善するのです。
バレエのアラベスク、ダンサーの腰痛、バレエ治療院あんじゅ

 

スプリッツは後ろに脚を伸ばすアラベスクの背中をつくることにもつながります。アラベスクじゃなくて、それ「アラベゴン」だよと言われるのは、腰が割れているからです。脚があがらないからではないのです。

 

チアダンス、チアリーディングでジャンプの後スプリッツする技が決まらないのも、腰があがっていないからなんです。

 

改善したいなら見直しましょう、骨盤のプレースメント、ターンアウトアップ・開脚改善コースでサポートしています。

 

 

新体操、フィギュア、シンクロ、チアジュニアの開脚改善、バレエ治療院あんじゅ

 

 

ターンアウト改善、開脚、スプリッツ・カエルの完成、コンクール留学サポート、バレエ治療院あんじゅ

 

投稿者プロフィール

市川 淑宥子(ようこ)
市川 淑宥子(ようこ)バレエ治療院あんじゅ院長
一般社団法人日本バレエワークアウト協会理事
バレエ解剖学講師/バー・アスティエ講師

2008年にこれまでになかったバレエ・ダンスのための鍼灸治療をバレエ鍼灸と命名、バレエ治療院あんじゅを四ッ谷にオープン。以来、国内外のダンサーの治療に当たる。

2013年NPO法人バー・アスティエ協会の講師資格を取得、2014年以降バレエの解剖学運動学に基づいたトレーニングメニューやフロアバレエクラスをスタート。

2019年『骨盤が立てばあなたの開脚は変わる』を出版し、バレエ・ダンス・表現スポーツに欠かせない開脚エクササイズを紹介している。