東京都渋谷区代々木2-23-1-572
バレエ治療院あんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

骨盤周囲の解剖学が分かる バレエアナトミー

バレエの股関節、バレエの膝、甲の出し方、バレエの仕組みを識るバレエアナトミー
骨盤周りの筋肉の付き方がやっと頭の中でイメージ出来るようになりました!
ターンアウトで使う筋肉など今まではボヤッとしていたのものが、理解してからは意識して使えるようになり、教えでも伝えやすくなりました。
バレエ教師 Iさま
バレエでは骨盤がグラグラしていると基本の姿勢やテクニックが身につきません。けれど、プリエをする度に、タンジュで開こうとするとどうしても骨盤が動いてしまう。どうやってターンアウトするのか?ほとんどのバレエの先生が「骨盤周囲の筋肉」に焦点を当てて考えるのです。
けれど、筋肉は何層にも重なって大小様々、形も様々なものが骨盤に関係しています。筋肉だけみて動こうとすると、途端に動けなくなるのはそのせいなのです。だって、ターンアウトに関係する【外旋6筋】だけ動かそうなんて、できるでしょうか?
バレエの解剖学、バレエアナトミーでは、人間の本来の活動には全く必要のない動き、ターンアウトを、人のカラダの構造からひもといていきます。そうして初めて【外旋6筋】の働きが有機的につながっていくのです。
生徒さんの悩みを解決したい本気の先生にお伝えしたいの、それが

 

投稿者プロフィール

市川淑宥子(ようこ)
市川淑宥子(ようこ)バレエ治療院あんじゅ院長
一般社団法人日本バレエワークアウト協会理事
バレエ解剖学講師/バー・アスティエ講師

2008年にこれまでになかったバレエ・ダンスのための鍼灸治療をバレエ鍼灸と命名、バレエ治療院あんじゅを四ッ谷にオープン。以来、国内外のダンサーの治療に当たる。

2013年NPO法人バー・アスティエ協会の講師資格を取得、2014年以降バレエの解剖学運動学に基づいたトレーニングメニューやフロアバレエクラスをスタート。

2019年『骨盤が立てばあなたの開脚は変わる』を出版し、バレエ・ダンス・表現スポーツに欠かせない開脚エクササイズを紹介している。