東京都渋谷区代々木2-23-1-572
バレエ治療院あんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

カンパニーダンサー納得のバレエ整体

バレエ整体・ドローインプラス、バレエ治療院あんじゅ
自分でどんなに調整しても、どうしても後少し足りない感じが、ピタリとはまって、すごく楽になったんです。あの感覚をもっとキープしたいんだけど。

 

カンパニーダンサー Sさま

バレエ鍼灸で、膝や腰の不調が治ってきたダンサー Kさん。ケガの最盛期が過ぎると、治療の最後に少し動かしてラインを整えていくことがあります。その感覚がとても良かったようで、次はバレエ整体で整えていくことになりました。

あんじゅのバレエ整体は、バレエの解剖学が基本となっています。元からカラダが柔軟なダンサーの場合、一般的な整体でも関節がほぐれたりするのは事実です。けれど、プリエやタンジュ、バットマン、ディヴェロペなどバレエのムーブメントは一般的なスポーツの動きとは全然違うものなのです。

 

腰から下だけ緩まればタンジュがしやすくなる、と言うものでははく、カラダ全体をアンドゥオールしやすくなる基本の姿勢に整えるからタンジュがしやすくなっていく訳なのです。後少し、わずか数ミリのラインを整えるバレエ整体

 

いろんなエクササイズ・セルフストレッチで今ひとつ踊りにキレがでなくなったと感じたら、バレエ整体のタイミングかもしれません。後少し、わずか数ミリのラインを整えるバレエ整体、それがバレエ整体+アロマです。

 

 

バレエ整体

 

投稿者プロフィール

市川淑宥子(ようこ)
市川淑宥子(ようこ)バレエ治療院あんじゅ院長
一般社団法人日本バレエワークアウト協会理事
バレエ解剖学講師/バー・アスティエ講師

2008年にこれまでになかったバレエ・ダンスのための鍼灸治療をバレエ鍼灸と命名、バレエ治療院あんじゅを四ッ谷にオープン。以来、国内外のダンサーの治療に当たる。

2013年NPO法人バー・アスティエ協会の講師資格を取得、2014年以降バレエの解剖学運動学に基づいたトレーニングメニューやフロアバレエクラスをスタート。

2019年『骨盤が立てばあなたの開脚は変わる』を出版し、バレエ・ダンス・表現スポーツに欠かせない開脚エクササイズを紹介している。