東京都渋谷区代々木2-23-1-572
バレエ治療院あんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

9月アスティエクラス-骨盤を立たせることの大切さを実感

バーアスティエクラス、バレエ治療院あんじゅ

9月6日日曜日、夏休みを経て、又あんじゅのアスティエクラスが始まりました。

 

今回は、初めてフロアバレエを受ける方、2回目の方の参加もありました。なので、基本をしっかり伝えました。バー・アスティエでは、最初呼吸から初めて、頭部・肩・腕など体幹のエクササイズからスタートします。いきなり脚からは始めないのですよ。

 

ここがとっても大事なポイントだと思っています。

床に座ったプリエから始まるクラスが一般的ですが、あんじゅでは椅子に座って体幹のエクササイズからスタートします。

 

その理由は

 

骨盤を立たせたいから

 

ターンアウトしたい、もっと脚が高くあげたい、皆さんが思うのはほとんど同じことなのですが、この2つは、「骨盤が立って」こそ実現するのです。とにかく腰を上げたい!

そのためにに、椅子を使ってスタートするのです。

 

椅子に座って上半身をたっぷり伸ばした後だと、床に座って同じエクササイズをしても股関節がつまりにくいのです。

 

6日は、皆さん動ける方だったので、音楽に合わせて振り付け作品のようにエクササイズを組んでみました。これは、創始者のアラン先生がいつも言うことがあるからです。「バー・アスティエはダンスである」そうなのです。そこが面白いところでもあります。

 

椅子で取り上げた床で全てつなげて、脚を沢山動かすエクササイズも足して、最後は床に滑りながら寝技に突入。その後、フロアに寝ておこなうエクササイズでロンデジャンブなどをおこなって、再び床に座ったエクササイズ。

この段階で皆さんの骨盤がしっかり立っているのが見えたので、フェッテ・アティチュードのエクササイズを足して、最後に開脚パンシェ!このシーンになりました。

 

バレエ治療院院長によるフロアバレエクラス、バレエ治療院あんじゅ

 

 

 

骨盤が立っていると、左右開脚は確実に変わってきます。そして骨盤を立たせるためには、上半身をしっかり引き上げてキープしておくことがポイント!

 

お天気が不安定でしたが、皆さんカラダスッキリで笑顔で終了です。

このクラスは月一回行っています。次回は10月4日第1日曜日。後3名、参加可能です。

 

 

バー・アスティエクラス、フロアバレエ実践、バレエ治療院あんじゅ

投稿者プロフィール

市川 淑宥子(ようこ)
市川 淑宥子(ようこ)バレエ治療院あんじゅ院長
一般社団法人日本バレエワークアウト協会理事
バレエ解剖学講師/バー・アスティエ講師

2008年にこれまでになかったバレエ・ダンスのための鍼灸治療をバレエ鍼灸と命名、バレエ治療院あんじゅを四ッ谷にオープン。以来、国内外のダンサーの治療に当たる。

2013年NPO法人バー・アスティエ協会の講師資格を取得、2014年以降バレエの解剖学運動学に基づいたトレーニングメニューやフロアバレエクラスをスタート。

2019年『骨盤が立てばあなたの開脚は変わる』を出版し、バレエ・ダンス・表現スポーツに欠かせない開脚エクササイズを紹介している。