東京都渋谷区代々木2-23-1-572
バレエ治療院あんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

ボディーイメージをクリアにするバレエの解剖学

バレエの股関節、バレエの膝、甲の出し方、バレエの仕組みを識るバレエアナトミー
レッスンでは、プリエやタンジュはしっかり教えてきましたが、意外とやっていなかったのが、腕と上半身でした。確かに、腕と体幹がつながると、しっかり脇がたちあがって、骨盤も立たせやすくなります。これからは、ポールドブラの要素をもっと取り入れたレッスンをしていこうと思っています。

 

バレエ教師 Rさん

 

 

メソッドを何年も勉強してきたダンサーさんが、新たに教えをすることになり、解剖学講座を受けたいと来院されました。そして、第一回と第二回の講義の後、この感想をいただきました。

 

今年特に増えているのが、すでにメソッドを勉強されている先生方の受講です。何故、そういうことが起きるのか?突き詰めると、やはりお教室という現場で起きていることが、大きく変わっているからではないかと思います。

 

例えば、10年20年前と比べ、体力や筋力が弱いジュニアが習っているという現状があります。また、同じような体型なのに、受け取り方が違っているという点も見逃せません。
プリエは柔らかくね、と伝えても、その柔らかさがどういうものか、子供の感性は全員同じではないからです。そして、見本を一斉に見せているのに、同じように動ける子とそうでない子が出てしまう。これらはメソッドで教えられる要素の範疇を越えている部分でもあります。

 

ここを補うのが、あんじゅのバレエの解剖学、バレエアナトミーの一部です。もちろん、股関節に関わる解剖、美しいポワントワークのための解剖、も勉強します。
でも、バレエは、どこの筋肉をどう、動かすからアンドゥオールする、というポジションやエクササイズ的視点では語れないムーブメント。そのために必要なのは、高度な脳トレ、とも言えます。そこを含めて勉強することで、人のカラダがバレエというダンスを踊るためのイメージングがよりクリアになっていくのです。

 

 

バレエの解剖学講座

 

投稿者プロフィール

市川淑宥子(ようこ)
市川淑宥子(ようこ)バレエ治療院あんじゅ院長
一般社団法人日本バレエワークアウト協会理事
バレエ解剖学講師/バー・アスティエ講師

2008年にこれまでになかったバレエ・ダンスのための鍼灸治療をバレエ鍼灸と命名、バレエ治療院あんじゅを四ッ谷にオープン。以来、国内外のダンサーの治療に当たる。

2013年NPO法人バー・アスティエ協会の講師資格を取得、2014年以降バレエの解剖学運動学に基づいたトレーニングメニューやフロアバレエクラスをスタート。

2019年『骨盤が立てばあなたの開脚は変わる』を出版し、バレエ・ダンス・表現スポーツに欠かせない開脚エクササイズを紹介している。