東京都渋谷区代々木2-23-1-572
バレエ治療院あんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

後ろに反れない、前に丸くなれない、首、背中、肩がつっぱる

バレエの体幹トレーニングプランクは適切な姿勢が大切、バレエ治療院あんじゅ

副題
筋トレが逆に首・肩への負担になってしまう ー トレーニングの効果をアップさせるコツとは?

 

カラダ作りのトレーニングと言うと腹筋、背筋が直ぐ思いつきます。
上半身、特に腕や肩、胸を鍛えるのにベンチプレスを取り入れている人もいます。

 

先週、「首の付け根が痛くて… 」
「肩が内側に入ってしまって、ベンチプレスで効かせたいところに刺激が入らない…」

 

同じような症状を抱えた方が続けて来院しました。

 

又、ベンチプレスではないけれど、脊柱起立筋のトレーニングをしていて…それからロールダウンがしづらくなってしまった、、で来院した方も。

 

それぞれ、カラダ作りのためにトレーニングをするのは分かりますが、逆にトレーニングが逆効果になる場合もあります。

 

その背景にあるものとは?

 

そう、
トレーニング中の姿勢のズレ、です。

 

今回はこの件について、取り上げます。

 

例えば、肩を内側に入れてストレッチする

 

本にも書いたハムストリングス

 

トレーニングで荷重(ウェイト)をかけるなら、適切な姿勢が取れているか?を確認することがポイントです。トレーニングコースでは、その姿勢を修正するのですが、ほとんどの方が真っすぐに真ん中に寝られていない。。。

 

トレーニングの効果を上げるコツとは、バレエ治療院あんじゅ

 

ベンチプレスで考えると、しっかりベンチの真ん中に寝られていなければ、左右の肩に同じだけの負荷はかかりません。

 

脊柱起立筋のトレーニングは特に、カラダの中心線がずれていると、かかっている荷重によっては、思わぬ所(大抵は自分の弱い所が多いです)に負荷がかかって、場合によっては、筋膜を痛めたりします。

 

中でも女性の場合、同じベンチプレスでも、腕だけで動かしてしまいやすく、そうなると全く違うところにトレーニングになってしまいかねません。

 

そう言う時に使える視点が、実は東洋医学にはあるんですよね^ ^

 

カラダの真ん中、それも表と裏にあるもの。

 

そう、経絡です(任脈、督脈と言います)。

経絡で考えなくても、前には白線、後ろには背骨(脊柱)があります。

 

背部の筋肉、バレエ治療院あんじゅ

 

施術の後で、中心線の修正をすると、皆さん施術台の上でも真っ直ぐ寝られました。と言うことは床の上でも、ベンチプレスの台の上でも真っ直ぐ寝られるので、筋トレ効果もアップしやすくなります。

 

今ではいろんなトレーニング法が紹介されています。でも、何をやればいいのか分からない、と言う人も少なくありません。漫然とフロアに座って脚を伸ばしているだけ、なってもったいなさ過ぎですよ。

 

こちらの本で紹介しているエクササイズは、レッスン前にもオススメです。骨盤が立ちやすいと、ターンアウトもぐっとしやすくなります。

 

 

ターンアウトしたい人は骨盤を立てよう

 

 

 

投稿者プロフィール

市川 淑宥子(ようこ)
市川 淑宥子(ようこ)バレエ治療院あんじゅ院長
一般社団法人日本バレエワークアウト協会理事
バレエ解剖学講師/バー・アスティエ講師

2008年にこれまでになかったバレエ・ダンスのための鍼灸治療をバレエ鍼灸と命名、バレエ治療院あんじゅを四ッ谷にオープン。以来、国内外のダンサーの治療に当たる。

2013年NPO法人バー・アスティエ協会の講師資格を取得、2014年以降バレエの解剖学運動学に基づいたトレーニングメニューやフロアバレエクラスをスタート。

2019年『骨盤が立てばあなたの開脚は変わる』を出版し、バレエ・ダンス・表現スポーツに欠かせない開脚エクササイズを紹介している。