東京都渋谷区代々木2-23-1-572
バレエ治療院あんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

バレエ鍼灸で何故筋肉が緩むのかが分かる記事発見!

バレエのための鍼灸治療、バレエ鍼灸

バレエ鍼灸で何故筋肉が緩むのかを知りたくありませんか?

ぎっくり腰やふくらはぎの肉離れ、アキレス腱の治療ではバレエ鍼灸がオススメと何度も話しています。

では何故効果が出るのか?については、治療メソッドにもメニューページにも書いているのですが、そのことをまとめてくれている記事を発見しましたので、ここでシェアしますね。

目次

鍼灸治療はどんな治療?

効果が出るその根拠を書いている記事はこちら

あんじゅのバレエ鍼灸だけにある特徴とは?

 

 

バレエ・ダンスのケガの治療、バレエ鍼灸、バレエ治療院あんじゅ

鍼灸治療はどんな治療

このバナーに書いているように、バレエ・ダンスをする人、ダンサーのケガや不調に特化した鍼灸治療のことをバレエ鍼灸と名付けました。2008年のことです。新体操やフィギュアスケートで痛めた膝の治療にもこのバレエ鍼灸がとても効果的です。

鍼灸治療は、首肩腰の治療だけでなく、アトピー性皮膚炎、眼精疲労、不妊治療などいろんな分野でおこなわれていて、一般的な接骨院で施術するところもありますが、多くは鍼灸院がおこなっています。鍼灸治療も様々で、電気鍼だけの施術もあれば、伝統的な中国鍼の施術をすることもあります。

鍼も太いタイプ、長いタイプ、細いタイプがあり、それぞれどのタイプをつかうかは施術によって違ったりします。

鍼=痛いと言われる所以は、皮下に入るからなんですが、あんじゅでは「皮下に鍼が入るからこそ引き出せる効果が大きいのです」とお話ししています。

バレエのための鍼灸治療、バレエ鍼灸

効果が出るその根拠を書いている記事ご紹介

先日、筋膜について別の視点から調べ物をしていたら、こんな記事を見つけたのです。

ふむふむと読み進めでいたら、最後にこんな文章があったのです。下にリンク貼ってあります。

バレエ鍼灸、バレエ治療院あんじゅ

https://m.huffingtonpost.jp/medical-note/mps_b_7524356.html

可能性と書かれているのは、この記事を書かれた医師の先生が鍼治療について、ご自分で施術してエビデンスをしっかり集めいるのではないからでしょう。

でも、鍼灸師なら、筋膜が緩んでいく様子を間近で診ていて実感しているはずです。治療効果の出方は症状によりけりですが、靴下をはくのに下を向けなかったダンサーが、スッと腰を折りたためている、ふくらはぎがパンパンだった方が楽々歩いている。

そして、施術が終わると視界が開けると言う感想も多くいただきます。これも鍼治療の治癒効果の大きさだと痛感しています。

今ではいろんな所でおこなわれていますが、2005年、国家試験前、いろいろ調べてもバレエ鍼灸は出てきませんでした。

だからこそ、2008年にあんじゅを立ち上げてバレエ鍼灸を始めたのですが、では色々あるバレエ鍼灸、何がちがうのか?あんじゅには何ができるのか?です。

あんじゅのバレエ鍼灸だけにある特徴とは?

あんじゅが施術しているバレエ鍼灸は、鍼灸治療という効果に加えて、院長自身が積み上げてきたバレエのための運動学とバレエの実践、フロアバレエの指導、そして昨年から学び始めたワガノワメソッドの基礎から得た部分が大きな範囲を占めている、というのが大きな違いの1つです。

バー・アスティエ、バレエ治療院あんじゅ
2013年に学んだ養成コースの様子

医療の知識、解剖学の知識があれは(もちろん資格を取った上で)治療はできると思います。

特に解剖学にハマった先生方は解剖学と言う理論からバレエのムーブメントを解き明かそうとしているのは分かります。

でもね、理論と実践は全然違うんですよね。

それはどのダンスでも、実際に踊っている人なら感じることだと思います。

それともう一つは、お灸の効果。お灸はデリケートな施術なので神経をつかいますが、筋膜や腱や靭帯などにある炎症を抑えるのに大きな効果を発揮してくれるのです。

バレエのためのセルフケア バレエ治療院あんじゅ
このタイプ以外のお灸もつかいます


もちろん合う合わないがあるケースも考えられるますが、ダンスのケガでなかなか治らない、何処行っても変わらないと感じているなら、一度あんじゅにご相談くださいね。

最後にバレエ鍼灸ですごく効果が出ている症例をご紹介しておきます。

ぎっくり腰・筋筋膜性腰痛

肉離れ

アキレス腱痛

そして、同じ踊るものとして、踊ることをやめたくない、その気持ちを痛感するからこそ診えるものもあります。

投稿者プロフィール

市川 淑宥子(ようこ)
市川 淑宥子(ようこ)バレエ治療院あんじゅ院長
一般社団法人日本バレエワークアウト協会理事
バレエ解剖学講師/バー・アスティエ講師

2008年にこれまでになかったバレエ・ダンスのための鍼灸治療をバレエ鍼灸と命名、バレエ治療院あんじゅを四ッ谷にオープン。以来、国内外のダンサーの治療に当たる。

2013年NPO法人バー・アスティエ協会の講師資格を取得、2014年以降バレエの解剖学運動学に基づいたトレーニングメニューやフロアバレエクラスをスタート。

2019年『骨盤が立てばあなたの開脚は変わる』を出版し、バレエ・ダンス・表現スポーツに欠かせない開脚エクササイズを紹介している。