東京都渋谷区代々木2-23-1-572
バレエ治療院あんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

バー・アスティエ協会主催 講師講習会に出席しました

フロアバレエ講師による解剖学講座、出張講座、バレエ治療院あんじゅ
アラン先生、リヨンから到着。バー・アスティエクラスも開催しています

 

そして本日は、バー・アスティエ協会主催、認定講師のための勉強会に参加してきました。
バー・アスティエ協会では、毎年3回ほど講師のための講習会があり、さまざまな方面からクラス作りのための勉強に取り組んでいます。今日のお題は『マニュピラシオン』(英語で言うとマニュピレーション、整体で言う徒手手技に近いものです) バー・アスティエでは、クラスを受けている方の動きを更によくしていくために、エクササイズの途中で補整することを指します。 

2人一組になって、どこをどのように支えて補整していくと最大限の効果が出るのか、アラン先生のお見本を参考にトライしていきました。

 

大切なことはそれぞれの骨格をみること。そしてコツは骨を軸にすること、です。正に【骨で踊る】につながっています。カラダの一部をもつように伸ばそうとすると痛みが先に出てしまうから。痛みを感じてしまうと筋肉は伸びないんですよね。

 

例えば、寝た状態でパッセして上体を反対に回した背中を更に深い所まで伸ばすのって難しいですよね。マニュピレーションでは、ここを伸ばしてあげられる。この時にどこを焦点に伸ばすのかが大事なポイント。するとその後パッセがするっと楽になります。

 

普段自身のカラダを診てもらうことは少ない私には良いチャンス。マニュピレーションされながら体感していると、伸びにくいと感じていた部分の反対側上部が伸びていくと、格段にほぐれやすくなりました。これは、いつも治療院で話している「右の問題の要因は、左にある」そのものでした。

 

それぞれの講師たちは、バレエ・ダンス、エクササイズのエキスパート。ストレッチなら開脚も前屈もラクラク〜な方々ばかり。その人たちでも、更に伸びる”伸び代"があるんです。それは、外からの視点が加わるから。

 

これが、バレエ鍼灸以外に【バレエ整体】をメニューに入れている理由でもあります。土台にこのバー・アスティエのマニュピレーションがあります。

 

特に、クラスの教えが増えてきたダンサーさん、インストラクターさんは、片側の見本を見せることが多くなるんですよね。これは、ちょっと悩ましい。

 

【バレエ整体+アロマ】は左右のライン差が気になる、奥の方から伸ばしたい、そんなダンサーをサポートしています。

 

バー・アスティエクラス

 

 

投稿者プロフィール

市川淑宥子(ようこ)
市川淑宥子(ようこ)バレエ治療院あんじゅ院長
一般社団法人日本バレエワークアウト協会理事
バレエ解剖学講師/バー・アスティエ講師

2008年にこれまでになかったバレエ・ダンスのための鍼灸治療をバレエ鍼灸と命名、バレエ治療院あんじゅを四ッ谷にオープン。以来、国内外のダンサーの治療に当たる。

2013年NPO法人バー・アスティエ協会の講師資格を取得、2014年以降バレエの解剖学運動学に基づいたトレーニングメニューやフロアバレエクラスをスタート。

2019年『骨盤が立てばあなたの開脚は変わる』を出版し、バレエ・ダンス・表現スポーツに欠かせない開脚エクササイズを紹介している。