東京都渋谷区代々木2-23-1-572
バレエ治療院あんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

8月10日講習会終わりました

フロアバレエ講師による解剖学講座、出張講座、バレエ治療院あんじゅ
解剖学+バー・アスティエ講習会 大人再開組・大人バレエ終わりました。
今回は、日中と夜の二回開催。お昼の部には、再開組の方が多かったです。子供の時に習った後ずっとやっていなかった。大人になって久々に踊ってみると、自分のカラダの代わり具合に驚いてしまう。。。そういう時に大切なのは、姿勢を取り戻すことです。
そのためには、自分のボディーイメージを筋肉から骨にスイッチすることがポイント。

 

骨を持ってきての講座だったので、平面で見るよりより具体劇に感じてもらえたようです。

 

今日受けて本当よかったです。他の人のも見られるし。着替えてる時、帰り道お二人の方とお話したのですが、市川先生の「目からウロコ講座」にびっくりでした。
Mさん

 

今回診療日を一日つぶして2クラスやってみました。日曜日のクラスに参加しにくい方にも体験してもらえて感じたことは、骨で踊る!はやっぱり大切と言うことです。又開催してみたいなと思います。

 

解剖学講座、バレエ治療院あんじゅ

 

投稿者プロフィール

市川淑宥子(ようこ)
市川淑宥子(ようこ)バレエ治療院あんじゅ院長
一般社団法人日本バレエワークアウト協会理事
バレエ解剖学講師/バー・アスティエ講師

2008年にこれまでになかったバレエ・ダンスのための鍼灸治療をバレエ鍼灸と命名、バレエ治療院あんじゅを四ッ谷にオープン。以来、国内外のダンサーの治療に当たる。

2013年NPO法人バー・アスティエ協会の講師資格を取得、2014年以降バレエの解剖学運動学に基づいたトレーニングメニューやフロアバレエクラスをスタート。

2019年『骨盤が立てばあなたの開脚は変わる』を出版し、バレエ・ダンス・表現スポーツに欠かせない開脚エクササイズを紹介している。