東京都渋谷区代々木2-23-1-572
バレエ治療院あんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

踊った後にでる痛みはそのままにしておかないこと-大切なメンテナンスを見直す

アキレス腱痛、足首の痛み、バレエ・ダンスのケガ、バレエ治療院あんじゅ

昨年から世界中の日常生活を一変させた新型コロナウイルス。それ以降言われているウイズコロナ(with corona)

なかなか収まらない感染状況で、ウイルスと共に過ごす生活をニューノーマルと名付けて色々な提言がされています。

このウイズコロナという表現につい、ウイズペイン、とカラダに感じる痛みや違和感をくっつけて考えてしまいます。

そしてウイズペイン、

バレエ・ダンスの膝痛、その解剖と治療、バレエ治療院あんじゅ

できるなら、やめることがオススメです。

痛みとは脳からのお知らせ

カラダのどこかに異常がある時、その状態を伝えているのが「痛い」という感覚です。

踊るカラダのバランスを取り戻す、バレエ治療院あんじゅ

打撲や擦り傷、軽いやけどや食べている時に口の中を咬んでできた傷などは、数日で治ることがほとんどで、カラダに備わっている傷を治す力はすごいといつも感じます。

ただそれにも限界があります。

例えば、いろんな傷のなかでも口内炎ってやっかいですよね。

口の中にできるあのできもの。

柔らかい物を食べても痛いし、ましてやスパイシーなものは激痛になります。

食べるだけじゃなく、できた直後はしゃべるだけでも痛くなる時もある。味わったことがない人はいないと思います。

それは何故だか分かりますか?

口の中は、刺激がたくさんあるからです。

舌が動くことも、柔らかい口周りにできた口内炎には大きな刺激。つまり常に動かされることが多いから痛みが発生するのです。

バレエ・ダンスでの痛み、我慢してませんか?

アキレス腱が突っ張ってポイントにすると痛い…
でもレッスンは最後まで続けて、次のレッスンも休まない。

膝の内側が痛くなってきてプリエするたびにウッとなる…
でもリハーサルは休まず続ける。

脚をあげるとつけ根が痛くてキープできない…
ストレッチやマッサージをしても変わらない、けど脚はあげる。

バレエレッスン、バレエ・ダンスのための治療院、バレエ治療院あんじゅ

口内炎は、ビタミン錠剤を飲んだり、ジェル状の薬を塗ることで次第になくなっていきます。

でもそういう対処をしないでいたら、結構ながびいたり、大きくなったりしませんか?

足首や膝や股関節も同じなんです。

なら、踊った後にでる痛みも早めに治療した方がいいに決まってる。

それなのに痛みが極まらないと治そうとは思わない。

カラダの総合力にはすごい力があって、踊りたいと言う気持ちが強いと何とか踊ってしまえるのです。

これはいわゆる「アドレナリンで踊れちゃう」状態なだけで、実際にはカラダには負担がかかり続けています。

ただ、医師や治療家がどんなに早期治療をと言っても、本当に痛い目を味わう経験をしないと、なかなか治療に踏み切れないのが現状だということもあります。

だからこそメンテナンスをしておくことが大切なのです。

メンテナンスが大切っても、何をすればいいの?

メンテナンスには2つあります。

毎日の生活で自分のカラダの状態を把握して、足りない部分を補うこと。マッサージやストレッチがその代表ですね。

あんじゅオススメは、オイルをつかったトリートメントです。

バレエ整体・ドローインプラス、バレエ治療院あんじゅ

でも「疲れて帰ってくるのでなんにもしないです…」
「やろうとは分かっても時間ないんですよ…」

と言う方は、メンテナンスの外注がオススメです。

メンテナンスの外注とは、治療院でメンテナンスをすることです。

あんじゅでは、ケガを治療するバレエ鍼灸ともう一つ、メンテナンスにぴったりなバレエ整体があります。

バレエ整体では、歪みんでいるカラダのラインを修正したり、ガチガチな股関節周りをほぐしたり、縮こまっている足指を緩めるなど、カラダにかかっている負荷を減らして、踊りやすいカラダに戻しています。

痛みが強いなら、その場でバレエ鍼灸に変更することもできます。

バレエの脚、足のメンテナンス、治療、バレエ治療院あんじゅ

終わった後はカラダの軸が集まってくる、後ろ体重が改善される、首肩が楽になって呼吸がしやすいなど、そのままレッスンやリハーサルに行きたい!という感想がたくさん。

バレエ整体については、こちらからご覧ください。

>>>バレエ整体・ドローインプラス

投稿者プロフィール

市川 淑宥子(ようこ)
市川 淑宥子(ようこ)バレエ治療院あんじゅ院長
一般社団法人日本バレエワークアウト協会理事
バレエ解剖学講師/バー・アスティエ講師

2008年にこれまでになかったバレエ・ダンスのための鍼灸治療をバレエ鍼灸と命名、バレエ治療院あんじゅを四ッ谷にオープン。以来、国内外のダンサーの治療に当たる。

2013年NPO法人バー・アスティエ協会の講師資格を取得、2014年以降バレエの解剖学運動学に基づいたトレーニングメニューやフロアバレエクラスをスタート。

2019年『骨盤が立てばあなたの開脚は変わる』を出版し、バレエ・ダンス・表現スポーツに欠かせない開脚エクササイズを紹介している。