東京都渋谷区代々木2-23-1-572
鍼灸スペースあんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

バレエ・ダンスのケガ 膝の痛み (1) 分析と治療 (2020年3月8日更新)

バレエの膝の痛み、治療、バレエ治療院あんじゅ

人間の膝はよく曲がります。けれど、これが踊るときにトラブルになったりすることがある。バレエ・ダンスのケガの代表とも言える膝の痛み。走ったり、蹴ったりするスポーツでも膝痛はおきますが、特にバレエでは膝が柔らかくプリエすることが大切なのに痛くなる膝。

その膝痛をみていきましょう。

 

 

バレエ・ダンスの膝痛、その解剖と治療、バレエ治療院あんじゅ

 

 

【Contents】

 

◇よくお問い合わせいただく症状と実際の声

◇踊っていて何故膝痛になるのか?

◇バレエ治療院として診るポイント

 

 

◇よくお問い合わせいただく症状

よくあるお問い合せの一つが膝の痛みです。スネから膝の外側が痛い、グランプリエの途中で痛い、グランプリエで膝が曲がりきらない、膝の内側が痛い、などなどいろんな痛みをかかえて問合せがきます。

大抵は、画像審査で骨には異常ないと言われるケースがほとんどです。けれど、膝の中が引っかかるような感じで痛くて踊れない…中にはこういう声もあります。

 

◇実際にお聞きする声

ジャンプの着地でヤバって感じたんです、、、次の出番には大丈夫ですよね。。。。

 

プリエをすると膝のところに違和感がずっとあって。骨がどうにかなったのかと調べたんですが、何ともないと言われて。でもずっと膝が痛いのです

 

 

 

◇踊っていて何故起こるの?膝の痛み

バレエ・ダンスを踊っていると一度は感じる膝の痛み、違和感。これはどうして起こるのでしょうか?

 

最初のケースは男性ダンサーに多いパターンです。以前、あるダンサーさんに『どうして舞台を降板したの?』と聞いたことがあったのですが、その答えは『リハーサルで古傷に痛みが出て、ジャンプが飛べなくなったからだよ』でした。ジャンプは男性ダンサーの見せ場的なテクニックの一つ。リハーサルが続いて負担が掛かることも大変多いのです。

 

この他多いのは、プリエをした時に痛みを抱えているケース。こちらは女性に多い症状です。こういう症状がある時、ご本人は気づかない内に太ももと膝下にねじれがおきていることがほとんど。バレエのプリエは膝と足の方向は同じでなければならないのですが、これがうまくいっていない時に膝に負担が掛かかり痛みを起こさせるのです。

 

 

◇バレエ治療として診るポイント

膝痛の時も注意しなければならない基本はやはり部位の特定。そして炎症の程度を診ることも大切です。

 

膝の構造には沢山の筋肉・靱帯・骨が関わっているので、同じ膝の痛みと言ってもどこが痛いのかで、原因となっている筋肉や腱も違ってくるのです。

 

A 膝上  大腿四頭筋  ・・・男性>女性
B 膝下  大腿四頭筋の腱・・・男性>女性
C 膝外  腸徑靱帯・ハムストリング・・・女性≦男性
D 膝内  内側のハムストリング・関節の裂隙・・・女性>男性
E 膝裏  股関節・・・女性>男性

 

体重を支えるため脚の筋肉には大きな負担が掛かります。そのためジャンプ系の多い男性の場合、膝上や膝下に痛みが出るケースが多い。

 

膝の外や膝の内側が痛い場合、太ももの筋肉も硬くなっています。これは膝にかかる負担を脚の筋肉でカバーしようとしているせいなのです。又、膝痛の場合、腰にも硬い固まりがあるケースがとても多い。つまり、膝痛は、骨盤周囲筋の硬さから始まっていたというケースも多いのです。なので、膝だけを部分的に処置しても治らないのです。更に、ひとり一人の骨格や筋肉はそれぞれ違うため、ねじれがおきている場合、膝のどこに負担がいくかは、それぞれ違ってくるのです。

 

今回も、長くなってきたので、分けてお届けします。次回は、膝の構造から、注意が必要なポイント、バレエ的なポイントの視点から
書いていきますね。

 

バレエ・ダンスのケガの治療、バレエ鍼灸、バレエ治療院あんじゅ

 

>>>電話:090-9362-0080