東京都渋谷区代々木2-23-1-572
バレエ治療院あんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

アスティエクラスも始まりました 2月追加募集!

バーアスティエクラス、バレエ治療院あんじゅ
14日、今年初のアスティエクラスも始まりました。
年明けなので、ゆっくり寝た姿勢から初めて、最後は、フェッテアラベスク、更に床でのグランロンドまで。
初めて参加のTさんもがんばりました。座って寝ての姿勢だと、脚ばかりつかっていると股関節がつまってしまいやすいんですが、これを解消素るのは脚ではなく、上半身。しっかり腕でキープされた上半身を作るエクササイズをタップリ盛り込みました。
このクラスに通い始めて2年ほどのAさん。今年初のクラスで一皮むけました!そうすると、スッと力が抜けるので、カラダのラインも変わってきます。
さて、2月のクラスに空きがでているので、参加希望の方を募集します。
2月4日日曜日 3名 →締め切りました。(1月31日)
子供の頃にバレエを習っていて再開したい、10年20年習っていても、腰が伸びない、など悩みを抱えている人はチャレンジしてみませんか?
 バー・アスティエクラス

投稿者プロフィール

市川淑宥子(ようこ)
市川淑宥子(ようこ)バレエ治療院あんじゅ院長
一般社団法人日本バレエワークアウト協会理事
バレエ解剖学講師/バー・アスティエ講師

2008年にこれまでになかったバレエ・ダンスのための鍼灸治療をバレエ鍼灸と命名、バレエ治療院あんじゅを四ッ谷にオープン。以来、国内外のダンサーの治療に当たる。

2013年NPO法人バー・アスティエ協会の講師資格を取得、2014年以降バレエの解剖学運動学に基づいたトレーニングメニューやフロアバレエクラスをスタート。

2019年『骨盤が立てばあなたの開脚は変わる』を出版し、バレエ・ダンス・表現スポーツに欠かせない開脚エクササイズを紹介している。