東京都渋谷区代々木2-23-1-572
バレエ治療院あんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

開脚するのに上から乗っても逆効果になる訳

開脚するのに上から乗っても逆効果になる訳

ダイナミックストレッチで、殿部が上がらず左右にしっかり伸びた開脚の完成

 

新体操・フィギュア・シンクロジュニアの開脚改善、バレエ治療院あんじゅ

今週も、開脚を改善させたいジュニアのトレーニングを行っています。

その中で気になるのが2つ。
ひとつは、『先生が上から乗っかってくるのが怖くてカラダが伸ばしにくい』というジュニアの言葉です。これは審美系スポーツの練習で行われ続けているのですが、器械体操の練習でもはやはり同じなのですね、、、というより器械体操の方がずっとそうなのかもしれません。
けれど上から乗っかられるのは子供としては怖い訳ですよ。先生の方が体重はあるのですから。怖さを感じると人はカラダを固めて守ろうとします。それはカラダの自然な反応。それなのに更に伸ばせ、というのは大人でも難しいです。
そんなことはしなくても、10代のジュニアなら充分伸びていくのびしろはあるのです。筋肉を固めさせず、動かして関節周りの筋肉をほぐせば、可動域は広がっていきます。
あともう一つ気になるのは、小5小6の受験生。中学受験で勉強体制になると、途端に姿勢が崩れてしまいます。3、4歳からバレエや新体操を習ってきても、背中を丸くして机に向かっていたら骨盤後傾がクセ付いてしまいかねません。
勉強時間が増えて姿勢が危うくなってきているのに、じっと脚を伸ばすストレッチだけだとどうしても脚は伸びにくい。なぜなら、骨盤が後傾しているからです。これは、先程挙げた、カラダを固めるのと同じ状態と言っていいのです。
だからこそ、オススメはダイナミックストレッチです。股関節周りの筋肉や脊柱起立筋を動かすことで、関節周りをほぐし、動かしやすくさせれば可動域も広がっていきます。
開脚で悩んでいるジュニアにすんなり伸びる感覚を味わってほしいです。

投稿者プロフィール

市川淑宥子(ようこ)
市川淑宥子(ようこ)バレエ治療院あんじゅ院長
一般社団法人日本バレエワークアウト協会理事
バレエ解剖学講師/バー・アスティエ講師

2008年にこれまでになかったバレエ・ダンスのための鍼灸治療をバレエ鍼灸と命名、バレエ治療院あんじゅを四ッ谷にオープン。以来、国内外のダンサーの治療に当たる。

2013年NPO法人バー・アスティエ協会の講師資格を取得、2014年以降バレエの解剖学運動学に基づいたトレーニングメニューやフロアバレエクラスをスタート。

2019年『骨盤が立てばあなたの開脚は変わる』を出版し、バレエ・ダンス・表現スポーツに欠かせない開脚エクササイズを紹介している。