バレエ・ダンスの治療院をお探しなら新宿、代々木から徒歩8分。アキレス腱痛.捻挫,三角骨,膝痛,股関節痛の治療から骨盤・脊柱のゆがみ、O脚矯正。ターンアウト、甲出し、開脚の改善もサポート|ダンサーからジュニア、大人リーナも来院
バレエ治療院あんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

2022年5月の予約状況

バレエ治療院あんじゅ、バレエ鍼灸、バレエ整体、ターンアウト改善、開脚改善、バレエの解剖学講座

5月の予約状況をお知らせします。


5月26日 木曜日 14時◎

5月の18時台以降の予約枠は埋まりました。 



院長の第3回目ワクチン接種日程が5月30日になりました。摂取後の副反応を想定して、5月30日(月)から6月1日(水)まで休診となります。


4月30日は日本バレエワークアウト協会の研修を担当するため休診となります。

G Wのスケジュール
4月30日〜5月3日まで 休診
5月4日 水曜日 17時◎(予約完了) /  5月5日 木曜日(予約完了)

バー・アスティエクラス 次回は5月8日 開催します!

★新型コロナウィルス感染対策については、こちらをごらんください。

バレエ治療院あんじゅのコロナウィルス感染対策について

投稿者プロフィール

市川 淑宥子(ようこ)
市川 淑宥子(ようこ)バレエ治療院あんじゅ院長
一般社団法人日本バレエワークアウト協会理事
バレエ解剖学講師/バー・アスティエ講師

2008年にこれまでになかったバレエ・ダンスのための鍼灸治療をバレエ鍼灸と命名、バレエ治療院あんじゅを四ッ谷にオープン。以来、国内外のダンサーの治療に当たる。

2013年NPO法人バー・アスティエ協会の講師資格を取得、2014年以降バレエの解剖学運動学に基づいたトレーニングメニューやフロアバレエクラスをスタート。

2019年『骨盤が立てばあなたの開脚は変わる』を出版し、バレエ・ダンス・表現スポーツに欠かせない開脚エクササイズを紹介している。