バレエ鍼灸、バレエ整体、ターンアウト改善、解剖学講師兼フロアバレエ資格者による施術、アキレス腱痛、足首の捻挫、三角骨障害、股関節痛、膝痛、アラベスクラインの修正、フィギュア、新体操、シンクロジュニアの開脚改善、東京、代々木、バレエ治療院、鍼灸スペースあんじゅ

バレエ治療院,鍼灸・整体・ターンアウト改善・解剖学,渋谷区代々木,鍼灸スペースあんじゅ

ゆがみ解消のコツ(解説)

バレエ治療院あんじゅがお届けする読むバレエセラピー
バレエ・ダンスのための『コツとツボ』の解説です

『バレエ・ダンスのためのコツとツボ』 記事入口はこちらです~

こちらのURLからお進みください >>>バレエ・ダンスのためのコツとツボ

 ? こんなこと、なかったですか ?

腕の位置
脇の下の卵を潰さないように
ってやると肩あがっちゃった

でも、肩は下げなくちゃ?
って下げたら、
後ろに反つてしまう…

床とお友達になるようにプリエって
お友達だから優しく踏むとふらふらするんだけれど…

卵、下げる、床とお友達
どの言葉もちょっと抽象的ですよね。
だから、イメージがわきにくかったりするんです

『バレエのためのコツとツボ』は
今までにない視点でお届けする、バレエ・ダンスのためのヒント
バレエの動きをカラダのインデックスをつかって説明していきます

こんな風に変わっていきます

バレエの姿勢や動きをインデックスをつかってみていくと、
こんな風に変わっていきます


◎バランス感覚がよみがえってきます

◎使い方の感覚を思い出すきっかけになります

◎先生の指示が具体にイメージしやすくなります


バレエ・ダンスでは、ポジションやステップの他に、ラインの美しさも大切。
カラダの感覚に支点をつくることで、見える化(具体化)していきます。
それで無理なく美しいラインをつくっていきます。

こんな方にオススメします

◎上級クラスやコンクールを目指している方
・カラダのラインを見直すのにつかえます

◎ケガでリハビリをしている方
・リハビリ、トレーニングの際、カラダ部分を意識しやすくなります

◎大人になってバレエを再開している方
・子どもの頃習っていた時の感覚を取り戻すのに役立ちます

◎習い始めたバレエ、もう少し上達したい方
・先生の指示しているカラダの部分がイメージしやすくなります

『バレエのためのコツとツボ』 のポイント

脳の仕組みを利用する

『点(ドット)と点(ドット)を結びつけるんだ』
とは、かのスティーブ・ジョブスの言葉ですが、
ひとつの支点を別の支点とつなげると
ふたつの点の間に実際は存在しない線がみえてきます。
これは脳が点と点をつなげて認識しているからです。

又、人間の脳は、広い範囲より具体的にここ!と分かっていると印象に残る特徴があります。

こういう脳の仕組みを働かせるのに東洋医学のツボや骨の位置を利用したのが
あんじゅオリジナルの『バレエのためのコツとツボ』

ツボは、カラダの表から裏、頭からつま先まで、360個ほどもあり、
関節や腱の間などに位置しています。
そしてそれぞれ14のラインに沿って並んでいるのです。
そして皮膚から触れられる所にある骨は、
具体的にさわることができるのでつかみやすい。
Ballet Therapy Ange
肩で言うと、
肩には、肩の上、真ん中、外側などにツボがある
こうやって見てみるとどうでしょうか?
肩の部分が、ぐっとイメージがしやすくなってきますよね     

読むバレエセラピー『コツとツボ』の内容

◎踊るカラダの目印(インデックス)・ヒントをつかむためのツールです
◎バレエ・ダンスの写真にツボや骨をマークしていきます
◎バレエ用語を中心に書いていきます
◎いろんな視点角度から見て紹介していきます
◎タグを使って分類していきます

使用説明書
1)読みながら、自分のカラダにふれてみましょう
2)鏡の前に立って、ふれたところを目で確認してみましょう
3)鏡の前で『コツとツボ』を意識しながらポーズやラインをとってみましょう
4)鏡を背にして、3)と同じことを繰り返してみましょう
5)バーレッスンの最初に同じことを繰り返してみましょう
6)リハビリに使う場合は無理に負荷をかけずに意識をつくることからはじめてみましょう
7)教えで使う場合は、先生が生徒に触れる、生徒自身に触れさせてみてください。



ダンス・ケア、ボイス・ケアの骨と穴(コツとツボ!)

立ちっぱなしの疲れにはこのツボ!

バレエ、ダンスでも合唱、オペラ、実況中継、もちろん営業でも、
立ちぱなしが続く方が多いと思います。
特にインストラクターの方々、5,6時間は軽く経ちっぱなし?。。。
一日の終わりになると、足がパンパン、ガチガチで。。。

という時の対応策です~
 
脚の疲れには、足三里と飛陽!
膝下全面と膝下外側の二つのツボが骨(コツ!)

 

 

acupoint

 

 

 

 


肉離れにならないために!床を押すコツとツボ

気温差が大きい9月末から10月.
この時期は、ゆっくりウォームアップ!!
筋肉はあくまで柔らかく、上へのエレバシオンを感じて引き上げていく

gastrocnemius







 
 
 




この足裏(足ゆび)を意識できるのがこのツボ 
これが湧泉(ゆうせん)です


湧泉


そして、筋膜・腱・筋肉が硬くならないようにしていきましょう~
そのコツ
膝と足首の関節をよ~くほぐすこと!です

柔らかい着地は、又次のジャンプ瞬発力にもなります!


つゆの時季の湿気対策

ジメジメ、じとじとでカラダがかったるい・・・・

その要因は湿度
東洋医学的には湿邪といいます 

肉離れやむち打ちなどの古傷が痛んできたり
お腹はへってるのに食欲ない…になったり     
これらは湿邪による影響のひとつなのです

朝起きて、カラダがだるっ。。。では
滑らかな動きにも支障がきますね。。。

そこで、この時期の対策を伝授!!

30℃~38℃くらいのお水(水分)を摂る
上半身が特に暑い人は、腰から下を乾布摩擦する
39℃以下の湯船にゆっくりつかる

です。

外気温・外気湿度と体内の環境をほぼ同じ状況にしておく、  
そうすることで、余計な湿をとりこまないで済むのです。

特に夜のケアは大切。                                                
朝スッキリ起きて踊りに向かっていきましょう~!!!

鼻づまり・鼻水を止めるコツとツボ

花粉が気になる季節になってきました。z
風邪も流行っているこの季節、
鼻づまりや鼻水に悩む声がたくさん

風邪も花粉症もからだの巡りを改善していくと
ぐう~んと楽になります

でも、それじゃあ間に合わない、時もありますよね。
そういう時の応急ツボ、がこちらです。

上星(じょうせい)

迎香(げいこう)
 
 
コツは
○人差し指のはらをつかう
○時間は5秒間くらいじっくり
○何回かゆっくり圧す

内部を刺激できる鍼とはちがうので
指でやる場合は何回か繰り返すことがコツです

ツボ