東京都渋谷区代々木2-23-1-572
バレエ治療院あんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

踊る脚が軽くなるバレエ整体・ドローインプラス

バレエ・ダンスのインナーを活性化、バレエ整体、バレエ治療院あんじゅ

バレエ整体の感想をご紹介します。

脚や腰が重くてつらかったM・I さん。部屋に入っていらした時の姿勢からして、動きにくそうな感じがありました。

腰がつまっている、と言うお話しでしたが、腰より上の首や肩もきつそう。

あんじゅのバレエ整体では、一人ひとりのその時のカラダの状態を診て、施術するテクニックを変えています。

上半身の首肩の緊張をとるのに、呼吸法(ドローインテクニック)をつかう時もありますが、軽くさするタッチングテクニックで固まっている関節や筋肉にアプローチする時もあります。

このテクニックの選択こそ、皆さんの満足度が高い理由にもなっているのです。

いただいた感想はこちら↓

バレエ整体、足が軽くなる整体、バレエ治療院あんじゅ

あ、脚が軽くなった!

入る時、腰がつまってたのがなくなってお尻が集まってます!

M・I

そうなんです。

腰がつまってしまうと、脚が重くなる。

骨盤と太ももの骨はつながっていますからね。

腰や脚がうまくコントロールできていない時は、首や肩にも力がはいります。

だからこそ、全部を診て調整することがとっても大切なんです。

腰や脚も強揉みしなくても、充分ふわふわな筋肉になっていくんですよ。

逆に強い圧で押し続けると、刺激された筋肉の線維が疲れて伸びにくくなることもあります。(ここ要注意です)

どのテクニックを選ぶのか、それこそが踊るカラダをトータルでみるあんじゅの腕の見せ所でもあります。

舞台のリハ続き、一週間にレッスン数を詰め込みすぎて脚パンパン、な方は、今すぐ踊りにいきたいバレエボディになってみませんか?

詳しくはこちらをクリック!

新バレエ整体・ドローインプラス、バレエ治療院あんじゅ

予約はこちらからご連絡ください

画像をクリック
バレエ整体を選んでください

投稿者プロフィール

市川 淑宥子(ようこ)
市川 淑宥子(ようこ)バレエ治療院あんじゅ院長
一般社団法人日本バレエワークアウト協会理事
バレエ解剖学講師/バー・アスティエ講師

2008年にこれまでになかったバレエ・ダンスのための鍼灸治療をバレエ鍼灸と命名、バレエ治療院あんじゅを四ッ谷にオープン。以来、国内外のダンサーの治療に当たる。

2013年NPO法人バー・アスティエ協会の講師資格を取得、2014年以降バレエの解剖学運動学に基づいたトレーニングメニューやフロアバレエクラスをスタート。

2019年『骨盤が立てばあなたの開脚は変わる』を出版し、バレエ・ダンス・表現スポーツに欠かせない開脚エクササイズを紹介している。