東京都渋谷区代々木2-23-1-572
バレエ治療院あんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

「4羽の白鳥」を踊ってみよう~チェアバレエエクササイズ

チェアバレエで4羽の白鳥を踊ってみよう、バレエ治療院あんじゅ

11月23日に日本バレエワークアウト協会10周年記念イベントでチェアバレエエクササイズをおこないます~

院長市川も講師をするのですが、今回テーマを「4羽の白鳥」にしました。

皆さんご存じ?だろうと思いますが、まず動画を見てみてください~

何故この曲を選んだのかについて、ご紹介しますね。

4羽の白鳥を選んだ訳

4羽の白鳥は、バレエの超有名作「白鳥の湖」の中にあるこれも有名な踊りです。

小さな白鳥の踊り、とも言われますが、4人のダンサーが手を組んで踊る姿をどこかで一度は目にしたことがある人は少なくはずです。

実際には、4人で踊るものを家でオンラインで1人で踊るの??

なんですが、実際のプログラムで手の形(ポールドブラ)で、まるで手を組んでいるような感じになるように内容を組んでいます。

オンラインは基本、お家で1人で受ける、と言うスタイルが多いですが、オンライン上で隣の人と手を組んで踊っている気持ちになれる、っていいな、と考えているのです。

チェアバレエは基本椅子に座って踊りますが、このエクササイズ、結構フットワークをつかう内容になっています。

自宅にいることが以前より確実に増えた今、脚の力が衰えてきていることは、治療院でも実感しています。これは何も大人だけの問題ではありません。

小学生でも以前より脚の力が変わってしまっている、と感じます。

だからこそ、この少し早めのテンポでエクササイズするのがいい、と直感で決めました。

音楽は耳にしたことのある曲

それが流れている中でカラダを動かしていたら、気づかぬうちに結構フットワークしていた!

これが単調なトレーニングより効果があると思います~

ぜひ参加してみてください。

どうやって申し込むの?

参加申込手順

まず、こちらのリンクにアクセスしてください。

mail-to.link と言う画面に移ります。

https://mail-to.link/m7/ebuxgc

→メール作成画面はこちらから をクリックすると、メール画面が開きます。

そこから、以下内容を入れて、送信!

これで参加申込は終わりです。

今回は協会10周年記念イベントで体験参加、と言うスタイルなので、参加費はかかりません。

白鳥の湖から「4羽の白鳥」にのって、踊ってみよう~

チェアバレエエクササイズ、11月23日イベント

投稿者プロフィール

市川 淑宥子(ようこ)
市川 淑宥子(ようこ)バレエ治療院あんじゅ院長
一般社団法人日本バレエワークアウト協会理事
バレエ解剖学講師/バー・アスティエ講師

2008年にこれまでになかったバレエ・ダンスのための鍼灸治療をバレエ鍼灸と命名、バレエ治療院あんじゅを四ッ谷にオープン。以来、国内外のダンサーの治療に当たる。

2013年NPO法人バー・アスティエ協会の講師資格を取得、2014年以降バレエの解剖学運動学に基づいたトレーニングメニューやフロアバレエクラスをスタート。

2019年『骨盤が立てばあなたの開脚は変わる』を出版し、バレエ・ダンス・表現スポーツに欠かせない開脚エクササイズを紹介している。