バレエ治療院|アキレス腱,ハムストリング,ふくらはぎ,股関節,膝,腰の治療,バレエ整体,ターンアウト改善,バレエの解剖学,新宿,代々木|鍼灸スペースあんじゅ

バレエ治療院、ケガを治すバレエ鍼灸、歪みを整えるバレエ整体、軸を見直すパーソナルトレーニング、バレエ解剖学講座。バレエ治療院鍼灸スペースあんじゅ@東京代々木

バレエ治療院,鍼灸・整体・ターンアウト改善・解剖学,渋谷区代々木,鍼灸スペースあんじゅ

バレエと骨盤の歪み

⑥ 片脚の膝を抱えようとすると、付け根がつっぱって胸に近づけられない

実はこれ、踊ってない人の方が、楽々できてしまう場合があるのです。
こう聞いて、『え…』となってしまいましたか?

でも大丈夫、まずは、何故そうなるか、の理由をみてみしょう。
それはこんな理由があるからなのです。


太ももの筋肉を意識して働かせすぎるから
『そんなことはないわ? 脚には力はいれていないもの…』と思ったら、ここをチェックしてみてください。

それは、膝を抱えている手です。
その手で、脚を押してもってこようとしていませんか?

膝を胸に近づけたいあまり、一生懸命押して近づけようとするのは逆効果なんです。この時、つけ根で突っ張っている硬いものがありますよね。それがなんだかご存知ですか?

その突っ張りの正体こそ、一番意識して使いたくない大腿四頭筋の腱なのです。膝を抱えて胸に近づけたい時には、この四頭筋の腱を突っ張らせないことが大切なんです。


ここは、少しイメージ力がいるところなのですが、ポイントは、膝を抱えてくる時に、手に力をいれて勢いをつけて近づけてこない、ことです。勢いをつけると、前にもご紹介した『大きな筋肉から使われる』理論、(四番目)で四頭筋の腱とお尻の筋肉=大殿筋が先に働きやすいのです。まっすぐ胸に近づけて突っ張るのは、四頭筋のつけ根を押してしまうから。四頭筋の腱は太くて強いから、こうなってしまうともうリリースしにくいのです。


実は、膝を曲げた状態は、太ももの前の筋肉=四頭筋にとってはテンションがかかっている状態でもあるのです。


それは、四頭筋の働きに原因があるのです。

実は、四頭筋には膝を曲げる動きはないのです

筋肉には、幾つかの働きがあります。
四頭筋には、股関節を曲げて脚と胴体を近づける=股関節屈曲の働きがあるのです。
でも、それ以外に、膝をまっすぐに伸ばす働きとか、
立っている時に他の靭帯とあわさって姿勢を保持する
、という働きがあります。


ここであれって思いませんでしたか?膝を曲げるのはどの筋肉?ですよね。


膝を曲げる働きがあるのは、ターンアウト=アンドゥオールさせる働きがある縫工筋なんです。ひとつの筋肉は、ひとつ以上の違う働きをもっている、これは解剖学的なお話しなのですが、知っておくとよいと思います。
 
そして、私たちが一番意識したい縫工筋が、股関節をターンアウトさせる働きの他に、膝を曲げる屈曲の働きももっているのです。
 
筋肉は、骨についているので、ついている場所によって、幾つかの働きをかねている。その筋肉をバレエ的にターンアウトさせるように鍛えていくことが、バレエの基礎訓練であり、レッスンの内容はそのように組まれています。
 
 
レッスンでは、よく股関節の間に隙間を開けてとか、脇と腕の間に卵を挟むようにして、と言われますよね。脇と腕の間なら、空間は開けられそうだけど、股関節はカラダの奥なのに、そんなことできるの?ですよね。
 
一般の解剖学的には、あり得ないことなんですが、バレエの解剖学でいうと、股関節の間に隙間を開けるは、=四頭筋の腱を詰めて、無駄に四頭筋を働かせないように、ということなんです。
 
 
股関節周囲がほぐれないからと、骨盤の前にある腸腰筋をほぐしなさいというセラピストもいます。確かに腸腰筋も硬くならない方がよいのですが、いくら腸腰筋がほぐれていても四頭筋の腱が突っ張ったままであれば、ドゥヴァンに脚は上がらないのです。
 
なにより、まず、四頭筋の腱を突っ張らせないことが大切なのです。
 
 
ドゥヴァンのディヴェロッペの時、脚を自分に引き寄せてこないように、というのも、四頭筋の腱がターンアウトを阻害させないようにするため。ザハロワのレッスンビデオでもそういうシーンが見られますよね。寝てできないものは、フロアで立ってやるのも難しいもの。何故かと言うと重力があるから。
 
なので、まずは寝た状態で、膝を抱えて楽々胸につけられるようにようになることを目指してみましょう。これができると、腸腰筋の働きをさらに活かすことができるので、そのまま脚を伸ばしてストレッチしやすくなります。
 
そして、それは、フロアで言うと、高く脚をディヴェロッペさせることへとつながっていくのです。
 
 

バレエの骨盤のゆがみチェックリスト解説編 ① 床に横座りする場合、左右で不得意な側がある   

バレエの骨盤のゆがみチェックリスト解説編 ② イスに座る時、自然に組んでしまう側の脚がある

バレエの骨盤のゆがみチェックリスト解説編 ③ 座ですわると、ハムストリングがつっぱってしまう

バレエの骨盤のゆがみチェックリスト解説編 ④ 足裏を合わせて脚を自分の方に寄せてくると、後ろの腰が落ちて
しまう

バレエの骨盤のゆがみチェックリスト解説編 ⑤ 
 前後スプリッツをした時、左右どちらか苦手な方がある

バレエの骨盤のゆがみチェックリスト解説編 ⑦ 仰向けプリエで寝てみると膝の高さに違いがある

バレエの骨盤のゆがみチェックリスト解説編 ⑧ 仰向けプリエから一番に戻すと、ハムストリングが床につかない(床との間に隙間がある)
バレエの骨盤のゆがみチェックリスト解説編 ⑨ 一番で立って下を見ると足が見えてしまう