バレエ・ダンスの治療院をお探しなら新宿、代々木から徒歩8分。アキレス腱痛.捻挫,三角骨,膝痛,股関節痛の治療から骨盤・脊柱のゆがみ、O脚矯正。ターンアウト、甲出し、開脚の改善もサポート|ダンサーからジュニア、大人リーナも来院
バレエ治療院あんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

夏のコンクールに参加したジュニアから、嬉しいお知らせいただきました

コンクールサポート、ターンアウト改善、バレエ治療院あんじゅ

どうやったらもっと踊りやすくなるの?とコツコツ続けてきたSちゃん。

この夏とうとうその成果が結果として現れました。

  •  フラップ 43回夏大会プレコンC 優秀賞 1名
  •  フラップ 44回夏大会 中学生の部 優秀賞 1名

本人もいままでやってきたことがようやくつながってきた感じを体感しているようです。

ここ半年位でしょうか、以前より質問が増えてきたなぁと感じていたのですが、レッスンで指摘されることとあんじゅでのエクササイズが同じことなんだとつながってきたようです。

ターンアウト、開脚改善、バレエ治療院あんじゅ
カラダのつながりをサポートしながらエクササイズします

レッスンで先生に言われたことが即頭とカラダに入るタイプばかりではありません。

繰り返し言われても分からないのには原因や背景があるのです。

それをひもといてジュニアにも伝わるようにエクササイズとして提供しているのが、ターンアウトアップです。

コツコツの結果もですが、ここに至るまでの日々、本当に頑張ったなあ〜とあんじゅもとても嬉しいです。

何年ストレッチしてもカエルができない、スプリッツが縦になるも同じです。

パーソナル開脚トレーニング、バレエ治療院あんじゅ
骨盤を立てるためのエクササイズ

うまくいかない原因や背景は、ジュニアである本人だけでは見えないことの方が多いかもしれません。

ずっと頑張ってきているのに、、と悩んでいるジュニアをターンアウトアップでサポートしています。

詳しくは下のバナーをクリック!

バレエコンクール・留学サポート、バレエジュニアのからだづくり、バレエ治療院あんじゅ

投稿者プロフィール

市川 淑宥子(ようこ)
市川 淑宥子(ようこ)バレエ治療院あんじゅ院長
一般社団法人日本バレエワークアウト協会理事
バレエ解剖学講師/バー・アスティエ講師

2008年にこれまでになかったバレエ・ダンスのための鍼灸治療をバレエ鍼灸と命名、バレエ治療院あんじゅを四ッ谷にオープン。以来、国内外のダンサーの治療に当たる。

2013年NPO法人バー・アスティエ協会の講師資格を取得、2014年以降バレエの解剖学運動学に基づいたトレーニングメニューやフロアバレエクラスをスタート。

2019年『骨盤が立てばあなたの開脚は変わる』を出版し、バレエ・ダンス・表現スポーツに欠かせない開脚エクササイズを紹介している。