東京都渋谷区代々木2-23-1-572
バレエ治療院あんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

カラダは柔らかい方がいい でもそこの潜む危険もあります

骨盤と脊柱は仙腸関節でつながっている、バレエ・ダンスのケガの治療、バレエ治療院あんじゅ

股関節が硬いから痛くなる訳ではありません。

そして柔軟性の裏に、カラダの個性が隠れているケースも少なくありません。


子供の頃、カラダは柔らかくてぺたんとなっていました。

大人から始めたけれど、ストレッチはあんまり苦労はしませんでした。

こう言うタイプの方も少なくありません。

一般的に「カラダは柔らかい方がいい」と考えられていますが、それは程よい柔軟性のことで、180度以上に楽々開けちゃう状態がずっーと続いている、と言う人は、注意が必要かもしれない。

一見、カラダ柔らかくていいね〜ですが、元から柔らかいタイプ、特に股関節が柔らかい人はその陰に臼蓋形成不全が隠れていることがあるからです。

骨盤が立てばあなたの開脚は変わる バレエ治療院あんじゅ

平成生まれだと出産時に言われていることが多いですが、昭和生まれの方の場合聞かされていないケースが少なくありません。

と言うのも、あんじゅに来る方からそう話されるからです。

「股関節が痛いので、調べてもらって初めて股関節が浅いって聞いたんです」

何度も紹介していますが、股関節痛には、筋肉の腱(スジ)や筋線維が痛んでいる場合もあります。

中には股関節唇(大腿骨を保護する膜のようなもの)が引っかかって痛いと言うケースもあります。

これらの痛みは一時的な物がほとんどなので、しっかり炎症を抑えることで股関節が痛くなることはなくなっていきます。

けれど、元から臼蓋形成不全があった場合は、ちょっと違うのです。

おおよそ30代くらいまでは痛くなることがほとんどなかったりするんです。早いかたっで40代、遅くても50代になる頃初めて痛くなるケースが少なくありません。

筋肉の力は案外すごくて、大腿骨の骨頭が抜けないようにしっかり働いてくれてるんですね。

骨盤の構造、バレエの解剖学、バレエ治療院あんじゅ
骨盤周りの筋肉 ーたくさんの筋肉が関わっていますー

それも筋力が衰えたりや筋量が減ったりするとサポート仕切れなくて痛みとなって現れてくるのです。

サポート力が減って痛みが出ていると、股関節がある鼠径前部だけでなく、骨盤周り全体がスジスジに硬くなって文字通り「歩くのにも痛い」状態になります。

股関節は人のカラダの中で一番大きな関節なだけにそこにかかる負荷も大きい訳です。

臼蓋形成不全による股関節痛は、マッサージだけでは治療が追いつかないケースが多いです。

  •  一番重要なのは、炎症による痛みをなるべく早く取ること
  •  そして、負担がかかって硬くなっている腰回りの筋肉を柔らかくすること
  •  更に、股関節にかかる負担を股関節(骨盤)だけに負わせないようにするためカラダを作り直すこと(=トレーニング)

です。

股関節は、カラダの奥にあるので普段はあまり意識にのぼらない関節です。

「私、股関節は柔らかいのよね〜」と思っている方、もしかしたら「臼蓋形成不全」の可能性があるか、お母さまに確認してみることがオススメです。

もしかしたら?と思うなら、画像診断を受けるのも方法です。

この症状は放っておいてなんとかなるものではありません。

適切な治療とトレーニングをすることで、踊りを続けていくことは可能です。

あんじゅでは、バレエ鍼灸、パーソナルトレーニング療法で踊る人の股関節痛をサポートしています。

臼蓋形成不全ではない股関節の症状(痛い・硬い)についてはこちらを参考にしてください。

>>>ダンサーの股関節痛とその治療

でも、まず痛いところをなくしましょう。

踊る人の鍼灸治療ならバレエ鍼灸がオススメです。

バレエ・ダンスのケガの治療、バレエ鍼灸、バレエ治療院あんじゅ

投稿者プロフィール

市川 淑宥子(ようこ)
市川 淑宥子(ようこ)バレエ治療院あんじゅ院長
一般社団法人日本バレエワークアウト協会理事
バレエ解剖学講師/バー・アスティエ講師

2008年にこれまでになかったバレエ・ダンスのための鍼灸治療をバレエ鍼灸と命名、バレエ治療院あんじゅを四ッ谷にオープン。以来、国内外のダンサーの治療に当たる。

2013年NPO法人バー・アスティエ協会の講師資格を取得、2014年以降バレエの解剖学運動学に基づいたトレーニングメニューやフロアバレエクラスをスタート。

2019年『骨盤が立てばあなたの開脚は変わる』を出版し、バレエ・ダンス・表現スポーツに欠かせない開脚エクササイズを紹介している。