バレエ・ダンスの治療院をお探しなら新宿、代々木から徒歩8分。アキレス腱痛.捻挫,三角骨,膝痛,股関節痛の治療から骨盤・脊柱のゆがみ、O脚矯正。ターンアウト、甲出し、開脚の改善もサポート|ダンサーからジュニア、大人リーナも来院
バレエ治療院あんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

バレエ整体で腰が立つ感覚を体感!

バレエ整体・ドローインプラス、全く新しいバレエ整体、バレエ治療院あんじゅ

こちらあんじゅのインスタから動画を紹介します。


動画を見るポイントも忘れずに見てくださいね。

どうですか?

これを脚が開いてないよという方は残念ながら開脚=180度のトラップに入り込んでます。

もちろんプロフェッショナルや全国大会で決勝に進むレベルの方だとこれでは足りないでしょう。

むしろ脚が開きにくい原因を治療する必要があります。

けれど成人した後ダンスに復帰した女性の方だと腰が立っていることが最大優先事項ですよ。

今はいろんな情報が溢れていて180度じゃないと開脚じゃないと思いこんでいる方や先生がいます。

そうすると大事なのポイントを見逃します。

その情報が誰をどのレベルの人を対象にしているか

ここが大事です。

でもどのレベルの人でもダンスでバレエでもう少し楽に踊りたいなら、やはり腰、骨盤が立っていることが一番大事。

腰が立ってないと脚と骨盤が一緒になって動きやすい

だから

どんなパやステップをしても腰が動いて安定しない

腰が立ってない=骨盤と脚が一体化していることに近い

だから

脚をあげようとしても重くてあがらない

脚を高いあげる、と検索すると沢山の情報が出てきますが、腰(=骨盤)が立ってくすようになると、脚軽くなってあがるようになります~

開脚は、トレーニングメニューでもやっていますが、大人再開組の方は、バレエ整体・ドローインぷらす、がオススメです。

他のメニューでも骨盤が立つ!を実践しています。

こちらのリンクから飛んでください。

>>>トレーニングメニュー・アスティエクラスで骨盤を立たせる

バレエ整体・ドローインプラス、全く新しいバレエ整体、バレエ治療院あんじゅ
バレエ・ダンスのための整体で骨盤が立つを体感

投稿者プロフィール

市川 淑宥子(ようこ)
市川 淑宥子(ようこ)バレエ治療院あんじゅ院長
一般社団法人日本バレエワークアウト協会理事
バレエ解剖学講師/バー・アスティエ講師

2008年にこれまでになかったバレエ・ダンスのための鍼灸治療をバレエ鍼灸と命名、バレエ治療院あんじゅを四ッ谷にオープン。以来、国内外のダンサーの治療に当たる。

2013年NPO法人バー・アスティエ協会の講師資格を取得、2014年以降バレエの解剖学運動学に基づいたトレーニングメニューやフロアバレエクラスをスタート。

2019年『骨盤が立てばあなたの開脚は変わる』を出版し、バレエ・ダンス・表現スポーツに欠かせない開脚エクササイズを紹介している。