東京都渋谷区代々木2-23-1-572
バレエ治療院あんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

踊りにくいを解消するバレエ鍼灸

反張膝、バレエの脚のケガ、バレエ治療院あんじゅ

ギックリ腰、肉離れ、膝痛、捻挫など踊りたいのに踊りにくい…を解消してくれるのがバレエ鍼灸。

現在調整中のHさんから感想をいただきました。

バレエ・ダンスのケガや不調が多いのは、どうしても腰からしたになってきます。

脚を自由に動かしたいからこそ、腰から下に負担がかかってしまいがち。

実のところ、ダンスに大切なのは、脚を支える上半身。

けれど、痛かったり重かったりする時は、余計意識しづらくなってしまいます。

なので、先に痛みをしっかり取ることが大切なのです。

動きづらさを抱えたままレッスンやリハーサルをこなしても、自由に踊るのは難しいし、何とか脚を動かそうとして余計に腰から下に負担がかかってしまいます。

バレエ鍼灸では、痛みをとることを最優先に、動きづらくなっている全身の調整もしていきます。

バレエのための鍼灸治療、バレエ鍼灸、バレエ治療院あんじゅ

だから治療が終わると、脚がすんなりしてくるのです。

その結果が思わずつぶやいたHさんの声なのです。

気温が高い夏に隠れているのが冷房による冷え。

踊りにくさがある人、昔の古傷をちゃんとほったらかしにしている人、秋がくる前に直していきましょう。

バレエ・ダンスのケガの治療、バレエ鍼灸、バレエ治療院あんじゅ

投稿者プロフィール

市川 淑宥子(ようこ)
市川 淑宥子(ようこ)バレエ治療院あんじゅ院長
一般社団法人日本バレエワークアウト協会理事
バレエ解剖学講師/バー・アスティエ講師

2008年にこれまでになかったバレエ・ダンスのための鍼灸治療をバレエ鍼灸と命名、バレエ治療院あんじゅを四ッ谷にオープン。以来、国内外のダンサーの治療に当たる。

2013年NPO法人バー・アスティエ協会の講師資格を取得、2014年以降バレエの解剖学運動学に基づいたトレーニングメニューやフロアバレエクラスをスタート。

2019年『骨盤が立てばあなたの開脚は変わる』を出版し、バレエ・ダンス・表現スポーツに欠かせない開脚エクササイズを紹介している。