東京都渋谷区代々木2-23-1-572
バレエ治療院あんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

原因は股関節?

バレエ、ダンスのケガ、姿勢のズレが原因?

脚が開かない悩みは多くの方が抱えています。

代々木では、「左が開きにくいんです」「右は固まりやすいんです」と言う言葉をよく聞きます。

でも、

原因は股関節にある訳じゃない、と言うことがよくあります。

例えば

こちらのようなケース

本当によく診ます。

膝の関節面と足首の関節面がずれているのが分かりますね。

治療が必要だからこの状態なのではありません。

この関節面のズレが日常になっているから治療が必要な状態になったのです。

トレーニングでは、仰向けで寝ている姿勢で、まず最初に股関節・膝関節・足首の関節が揃っているかを診ています。

脚を開きたいと、足先だけで外に回している人が本当に多いので、いちいち細かく直します。

この段階で関節の捻れを見逃してトレーニングメニューをやるとどうなるか?

  •  太腿の力全開で脚を上げる
  •  床に寝ての右パッセなのに骨盤が右へ流れている
  •  脚の高さを上げようとしても膝が伸びないので腰が落ちる

トレーニングあるある、が起きます。

そのまま続けても、カラダには「良い変化」はないから最初に関節面を治すのです。

これは治療でも同じです。

でもこの膝と足首の関節面のズレは診られます。

膝より上に痛みがある場合でも、診られるのです。

人は足裏を床につけて行動するから、足部からズレが始まりやすいはあります。

でも、ことダンスに関して言えば、脚を開きたいが故に足部だけで開くが起きやすいんですね。

なので、バレエ鍼灸でも、バレエ整体でもこの関節面のズレを修正していきます。

これが治療後の効果を長くするポイントでもあるのです。

>>>バレエ鍼灸

>>>バレエ整体

>>>ターンアウトアップ

投稿者プロフィール

市川 淑宥子(ようこ)
市川 淑宥子(ようこ)バレエ治療院あんじゅ院長
一般社団法人日本バレエワークアウト協会理事
バレエ解剖学講師/バー・アスティエ講師

2008年にこれまでになかったバレエ・ダンスのための鍼灸治療をバレエ鍼灸と命名、バレエ治療院あんじゅを四ッ谷にオープン。以来、国内外のダンサーの治療に当たる。

2013年NPO法人バー・アスティエ協会の講師資格を取得、2014年以降バレエの解剖学運動学に基づいたトレーニングメニューやフロアバレエクラスをスタート。

2019年『骨盤が立てばあなたの開脚は変わる』を出版し、バレエ・ダンス・表現スポーツに欠かせない開脚エクササイズを紹介している。