バレエ・ダンスの治療院をお探しなら新宿、代々木から徒歩8分。アキレス腱痛.捻挫,三角骨,膝痛,股関節痛の治療から骨盤・脊柱のゆがみ、O脚矯正。ターンアウト、甲出し、開脚の改善もサポート|ダンサーからジュニア、大人リーナも来院
バレエ治療院あんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

股関節の可動域だけが大切なのか?

カエルストレッチ完成、アーンアウトアップ、バレエ治療院あんじゅ

脚が開く開かないについて、悩んでいない人の方が少ないと思います。

今回は、この「開く」について大切なポイントを書いています。


トレーニングメニューの感想いただきました(できた❗️の写真は次にあり)

プロのダンサーですら、

こっちの方は開きにくいんだよね…

と言うことがあるくらいですから、永遠の課題とも言えますね。

ここで、治療院で再三言っていることを繰り返しますが、

股関節の可動域だけ=ターンアウト

ではない、と言うことです。

ロシア人の先生曰く

もともとの関節や骨のつきかたで立つとこの位

と見せてくださったのは160度位の1番でした。

これ、本当の話。

その先生の2番の見本はなんと、足部が真横より後ろ、

つまり180度度以上の2番ができるわけです。

じゃあどうしているのか?と答えを見せてくれました。

残りの分は、筋肉でしっかり回すんです

と足部の内側(拇趾の方)が180度になっている1番を見せてくれました。

もちろん股関節の可動域がダンサー向きにあるからこその1番なのですが、大切なことがもう一つ。

(残りの分を筋肉でしっかり回すためには)

関節を捻って立っていてはダメなんです

と言うことでした。

ここなんです。

我々、開きにくいと言われる日本人がターンアウトを身につけていくポイント

今の10代は平成生まれ。

多くのジュニアは、昭和世代と違ってダンス向き関節の可動域をもっているタイプが比較的に多い。

なのに、その可動域を生かせていない。

そのため小さな頃から習っているのに開脚すらままならない、で「自分は開かないカラダなんだ」と思っている子がいるんです。

ではトレーニングメニューではどうしているか?と言うと、

  •  あんじゅでは、まず最初に関節の可動域をチェックします

そして

  •  関節の可動域が十分ある場合は、骨盤周囲以外に潜んでいる問題点を探します
  •  たとえば、腕が長くて猿腕(肘の」過伸展)の人は、上半身と腕がつながりにくいので、つながるポイントを探す。

骨格はそれぞれ違うので、肘が脇、と言うバレエの土台がすっとハマりにくいタイプもいるからです。

  •  足指が斜めラインになっていて重心が外に流れやすいタイプは、足指で立ちやすいポイントを探していきます
  •  細身で筋肉が足りないタイプには、骨盤を安定させるために筋力アップエクササイズをおこないます

カラダの個性が違うので、やることは一人ひとり変わってきます。

カラダのつながりやすさが分れば、日常おこなっているアップや筋トレメニューの効果も上がってくるからです。

その自主トレの姿勢を修正、改善していくこともおこなっています。

パーソナルだからこそ組めるトレーニングメニューで自分のカラダの取り扱いマニュアルをつくっていく、内容です。

自分のカラダがどうすればつながりやすくなるか、が分かればグッと躍りやすくなるのです。

脚が開かない、開脚ができないを解消するメニューについてはこちらから

>>>パーソナルメニューターンアウトアップ

投稿者プロフィール

市川 淑宥子(ようこ)
市川 淑宥子(ようこ)バレエ治療院あんじゅ院長
一般社団法人日本バレエワークアウト協会理事
バレエ解剖学講師/バー・アスティエ講師

2008年にこれまでになかったバレエ・ダンスのための鍼灸治療をバレエ鍼灸と命名、バレエ治療院あんじゅを四ッ谷にオープン。以来、国内外のダンサーの治療に当たる。

2013年NPO法人バー・アスティエ協会の講師資格を取得、2014年以降バレエの解剖学運動学に基づいたトレーニングメニューやフロアバレエクラスをスタート。

2019年『骨盤が立てばあなたの開脚は変わる』を出版し、バレエ・ダンス・表現スポーツに欠かせない開脚エクササイズを紹介している。