バレエ・ダンスの治療院をお探しなら新宿、代々木から徒歩8分。アキレス腱痛.捻挫,三角骨,膝痛,股関節痛の治療から骨盤・脊柱のゆがみ、O脚矯正。ターンアウト、甲出し、開脚の改善もサポート|ダンサーからジュニア、大人リーナも来院
バレエ治療院あんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

つま先を伸ばしたまま踵から回すために大切なこと-バレエ整体感想紹介-

ターンアウトアップ、バレエのためのトレーニング
バレエ整体・ドローインプラス、つま先を伸ばしたまま踵を回す

「かかとを起こして」


「かかとから回して」

とレッスンで言われますが、自分で思ったようにかかとを回すのってとても難しい、と感じませんか?

今回は、何故踵から回すのが難しいのか?解消するコツはあるのか?をお話しします

写真と動画の両方を載せます。

つま先を伸ばしたまま踵を回す、バレエ整体・ドローインプラス
バレエ整体・ドローインプラスで踵アップ!

踵から回す感覚を足(ピエ)だけじゃなく、脚(ジャンブ)全体でおこなわれているのがこれです。

一見すると簡単に見えますよね…でも実際にやろうとすると難しい…どうして??

踵から周りにくいその理由

その理由のひとつは、位置が関係しています。

つま先を伸ばしている時は、意識はどうしてもつま先にいきがちです。

つま先の位置は、踵より前、一番先。

踵はそれより手前、足首の下。

バレエの甲を育てる、バレエ治療院あんじゅ
横からだとよく分かります。踵はつま先よりずっと手前にあるんです。

つまり、足先に意識がいっていると、踵はスルーされがちになるからです。

先に踵を回してからつま先を伸ばす、これが順番なんです。

つま先を伸ばしたまま踵を回す、バレエ整体・ドローインプラス

それに、踵から回すができるようになると、カラダには大きな変化が現れます。

脚全体がつけ根から回せるようになっていくのです。

じゃあどうすればいいの?ですよね。

それは元々私たち人間が持っている仕組みをつかうこと!それは↓

1 繰り返しその動作をおこなうこと!

人には「踵から回すってこういうことなんだ」と繰り返しカラダでつかむと、カラダにイメージが残りやすい仕組みがあるです。

神経回路を通す、と言われていますが、どこの神経回路を通すの?なんて難しいことは必要ありません。

踵を回す動きは何度もレッスンで出てきますから。

でもなかなかうまくいかない…

その時にはこれです。

2 呼吸を意識する

一生懸命な時って、どうしても呼吸が浅くなりがちです。

呼吸が浅い状態で踵から回そうとしてもカラダは反応しづらいのです。

するっと回りやすい時は呼吸がとても穏やかな時。

その仕組みを応用しているのがバレエ整体・ドローイン+なんです。

ドローイン整体で【こちらから踵を回す~】を何度も繰り返しおこなうので、最後に床に立った時に引き上がったボディが仕上がります。

詳しくはこちらから見てくださいね↓

新バレエ整体・ドローインプラス、バレエ治療院あんじゅ
踊るカラダをサポートするバレエ整体で
踵から回る感覚をつかもう

投稿者プロフィール

市川 淑宥子(ようこ)
市川 淑宥子(ようこ)バレエ治療院あんじゅ院長
一般社団法人日本バレエワークアウト協会理事
バレエ解剖学講師/バー・アスティエ講師

2008年にこれまでになかったバレエ・ダンスのための鍼灸治療をバレエ鍼灸と命名、バレエ治療院あんじゅを四ッ谷にオープン。以来、国内外のダンサーの治療に当たる。

2013年NPO法人バー・アスティエ協会の講師資格を取得、2014年以降バレエの解剖学運動学に基づいたトレーニングメニューやフロアバレエクラスをスタート。

2019年『骨盤が立てばあなたの開脚は変わる』を出版し、バレエ・ダンス・表現スポーツに欠かせない開脚エクササイズを紹介している。