バレエ・ダンスの治療院をお探しなら新宿、代々木から徒歩8分。アキレス腱痛.捻挫,三角骨,膝痛,股関節痛の治療から骨盤・脊柱のゆがみ、O脚矯正。ターンアウト、甲出し、開脚の改善もサポート|ダンサーからジュニア、大人リーナも来院
バレエ治療院あんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

ターンアウトアップ ジュニアの感想を紹介します

開脚改善、ターンアウト改善、コンクールサポート、バレエ治療院あんじゅ

ここにくるとすごくよくわかる

先生がなんでそう言うことを言うのか、全部わかる

ジュニア 小三 Yちゃん

ターんアウトアップに来ているYちゃんの感想をシェアします。

あんじゅにくるジュニアは、毎回「やっぱりカエルがやりづらい」「クペでかま足になる」「評価シートでどうしても膝を伸ばしましょう、と書かれる」などいっぱいクエスチョンを抱えてやってきます。

質問と言う形になっていない場合もあります。

そう言う時は、前回にとりくんだエクササイズが土台になります。

開脚エクササイズ①を修正しているところ

家でやってきたエクササイズを振り返って、その成果をチェックしていくと、「ここはできた」「でもここはやっぱりやりにくい」が出てきます。

それがイコール「こうするとうまくいくのに、ダメな時はどうして?」など疑問につながるのです。

ただエクササイズをやってきただけだけれど、やってきたことはしっかりカラダに反映されているので、そこが土台になるのです。

  •  うまくできるようになった原因・背景
  •  そうでない、やりづらさがある部分を分解
  •  分解して、やり直しをしてみる
  •  できなかったらやりづらい原因を探してその部分を分解
  •  最終的に、自分が目標としているレッスンのアンシェヌマンに発展させる

このような流れを繰り返しています。

その土台は、バレエの解剖学ですが、最近はジャンプ系エクササイズは「バスケット」のトレーニングを、運動力学では「武道」の訓練をヒントにしていたりします。

院長は、バレエ以外、ジャズやエアロなどダンス系エクササイズも経験があり、他弓道を習っていた時期もあり、それらを統合して「何故やりにくいのか?「やりやすさの道はどこにあるのか?」を分析するのですが、やっぱりキーワードは「中間位」だと痛感しています。

外だけにひっぱらない、内にも外にも上にも下にも等分にエネルギーが届くポイント、それが中間位。中間位の状態であればその人の可動域が生かされるからです。

ただ、レッスンを受け身で受けているだけでは小学生では「先生の意図」はつかめません。

学校でも一年生に三年生の課程は勉強させないように、カラダの発達に併せたカリキュラムを組めればいいのですが、お教室運営の関係から細かいレベル設定ができないなど様々な事情があります。

その中で、ジュニアたちは踊りたい気持ちでカラダに無理をかけてしまいやすいのです。

結果、

  •  足の指先を丸めてつま先を伸ばそうとする
  •  カラダの後ろ側を押して膝を伸ばそうとする
  •  プリエで脚を開きたいから、お尻をごまかして無理に膝を横にする

その結果、遺伝性ではない側弯を作ったり、小4なのに外反母趾やアーチの低下に悩んだり、成長期のカラダに負担をかけてしまいのです

そのまま成長して中学生になると、脚とお尻とふくらはぎがパンパンになって、ストレッチをしても柔らかくならない、開脚も前より開きにくくなった、などになるケースも多々みています。

中学、高校になったらもう修正が効かないのか?と言うのではありません。

成長したらその分「頭でも理解して修正していく」やり方が使えますが、やっぱり時間はかかります。

アティチュードターンの修正
回転ばかり直しても回れません
アティチュードターンの修正

だからこそ、早めに上のような「なんとなく」踊る「やってるつもり」の踊りではない方向に修正していくことが大切です。

それが、カラダへの負担をなくすことにもなります。

今のジュニアのカラダは、10年前、20年前、30年前、指導する先生が子どもだった頃のカラダと差があります。

ターンアウトアップは、やりたいことがやりにくい原因からひもといて、「できた」「わかる」につなげるサポートをしています。

バレエ治療院あんじゅ、
バナーをクリック
メニューからターンアウトアップ を選択してください
ターンアウト改善、開脚、スプリッツ・カエルの完成、コンクール留学サポート、バレエ治療院あんじゅ
メニューの詳細は上の画像をクリック!

投稿者プロフィール

市川 淑宥子(ようこ)
市川 淑宥子(ようこ)バレエ治療院あんじゅ院長
一般社団法人日本バレエワークアウト協会理事
バレエ解剖学講師/バー・アスティエ講師

2008年にこれまでになかったバレエ・ダンスのための鍼灸治療をバレエ鍼灸と命名、バレエ治療院あんじゅを四ッ谷にオープン。以来、国内外のダンサーの治療に当たる。

2013年NPO法人バー・アスティエ協会の講師資格を取得、2014年以降バレエの解剖学運動学に基づいたトレーニングメニューやフロアバレエクラスをスタート。

2019年『骨盤が立てばあなたの開脚は変わる』を出版し、バレエ・ダンス・表現スポーツに欠かせない開脚エクササイズを紹介している。