バレエ・ダンスの治療院をお探しなら新宿、代々木から徒歩8分。アキレス腱痛.捻挫,三角骨,膝痛,股関節痛の治療から骨盤・脊柱のゆがみ、O脚矯正。ターンアウト、甲出し、開脚の改善もサポート|ダンサーからジュニア、大人リーナも来院
バレエ治療院あんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

バレエ鍼灸・バレエ整体でケガ、不調を治しましょう

日本全国、新型コロナウィルスの予防のため、学校だけでなくお稽古場もお休みという事態が広がっています。

皆さん手洗い、うがい、そしてマスクで予防もしっかりしている。けれど、一番やりたいことで制限がかかっていると、気持ちの持ちどころが難しかったりしますね。

こんなときだからこそ、やれること、に目をみけてみたいです。

【Contents】

◇お稽古場まで休み、こんなときにどうするか?

◇もうひとつ、目をむけたいこと

バレエのための鍼灸治療、バレエ鍼灸

お稽古場がおやすみ、こんなときにどうする?

ネットでは、自宅でできるエクササイズの情報が沢山あがっているので、それをやるのもいい方法です。

Ballet AcuClinic Acucare ange, training

例えば、骨盤のコントロールを見直す、膝を伸ばすためのエクササイズをする、普段ではつい後回しにしがちなことに挑戦するいい機会でもあります。

もう一つやっておきたいこと。メンテンナンス!

今のうちにケガや不調を治しておく、これ、とても大切です。

バレエ治療で診ていると、最初に痛みに気づいたのが半年前だったり、三ヶ月まえだったり、というケースが結構あるのです。普段はお稽古を休みづらくて、ついついケアが後回しになり、かなり痛みがひどくなってから治療に来るケースは少なくないのです。踊ることを優先せざる得ない事情は分かります。でも、痛みはケアをしてほしいというカラダからのサインでもあるのです。

バレエ・ダンスの膝痛、その解剖と治療、バレエ治療院あんじゅ

こんなじきだからこそ、その声に耳を傾けてみましょう。

バレエ鍼灸、バレエ整体、バレエ・ダンスのための治療院、あんじゅ

比較的新しいケガなら短期間で治ります。
アキレス腱痛ふくらはぎの肉離れは、初期治療が大切です。

以前からハムストリングスのつっぱりを感じながらスプリッツをしていたり、股関節に違和感があるのは分かっているけれどなんとかなるか、と思っている方、今後、レッスン再開‼︎やったぁーで踊りだすと、不調がケガにつながってしまうことも懸念されます。いつも踊っている状態を一旦お休みすると、同じ状態に戻るのにはやや時間がかかったりするものが人のカラダです。

踊りたいのに踊れない気持ちが満載で再開したのに、早々に痛くなってしまうなんてもったいないですよね。だからこそ、お稽古がお休みの内に、痛いところ、不調な箇所を治しておく。

今月にはいって、『レッスンが休みになったので、発表会が延期になったので来れました』という方が増えています。今のうちに踊りやすいカラダに戻しておいて、レッスン再開を待つ、そうすると気持ちよく踊りにもどれますよ。3月一杯のスケジュール、現在公開中です

バレエ・ダンスのケガを治す

バレエ・ダンスのケガの治療、バレエ鍼灸、バレエ治療院あんじゅ

アラベスク・アティテュードなどラインの修正、調整は

新バレエ整体・ドローインプラス、バレエ治療院あんじゅ

【著者プロフィール】
市川淑宥子(ようこ)

バレエ治療院あんじゅ院長/日本バレエワークアウト協会理事/芸術家のくすり箱プロフェッショナル会員

鍼灸師/フロアバレエ・バー・アスティエ講師/チェアバレエエクササイズ講師

バレエ鍼灸を2008年にスタート、踊る治療家として施術・ターンアウト、開脚改善などを展開。

○著書 『骨盤が立てばあなたの開脚は変わる』
フロアバレエクラスは新宿にて月一回開催 
インスタグラム ballet.ange