バレエ・ダンスの治療院をお探しなら新宿、代々木から徒歩8分。アキレス腱痛.捻挫,三角骨,膝痛,股関節痛の治療から骨盤・脊柱のゆがみ、O脚矯正。ターンアウト、甲出し、開脚の改善もサポート|ダンサーからジュニア、大人リーナも来院
バレエ治療院あんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

股関節痛が逆に直っちゃう?フロアバレエクラス

フロアバレエクラス、バレエ治療院あんじゅ

12月4日日曜日は、今年ラストのフロアバレエクラスでした。

股関節の調子が悪くなりやすいTさんが、初参加、クラスはいつも通り椅子のエクササイズからスタートしました。

股関節が痛くなりやすい人にはタイプがあります。

  •  元々変形性の症状をもっている人
  •  脚の力で踊っている人

フロアバレエだと、椅子や床に座って、床に寝た姿勢で踊るので、脚の力をつかおうと思ってもなかなか難しい

そこ!がミソなんです。

ポジションに立っているただそれだけでも、実は脚や足の力だけで立つと、次の踊りにつながらない。

けれど、脚や足は動かせるから、やりづらいことがあっても原因は脚・足にあるんだと思いがちです。

実際の踊りは腰からしたの部分だけではありません。

それが、座って寝て踊るとありありと分かるのです。

姿勢=ポスチャー=アプロンを保つのは、下半身だけではできない、腰から上、腕の前や後ろ、背中、首の前後ろ、頭の位置、などたくさんのカラダのパーツがポスチャーを支えるのに必要。

これが分かりやすいのです。

終わってみると

「腰から上が引き上がって、楽です〜」と言うカラダで終われるのです。

いつもならもっと脚を使って痛くなりかかるのに、今日は腰の横がふわった軽くて楽でした〜

Tさん

フロアバレエの土台はバレエなので単純な腹筋運動をしている、のではありません〜

今大流行のバレエの解剖学的アプローチがバー・アスティエにはあります。

と言っても「座学」じゃありません〜

実際に体験する実学です。

今年のクラスは終わりましたが、来年も続きます。1月は15日、第3日曜日に行います。

  • 引き上げって何?
  • 面倒なエクササイズじゃなく分かりたい

と言う方はこちらか予約をどうぞ

フロアバレエクラス、バレエ治療院あんじゅ

バー・アスティエクラス、フロアバレエ実践、バレエ治療院あんじゅ
クラスの詳細は画像をクリック!

投稿者プロフィール

市川 淑宥子(ようこ)
市川 淑宥子(ようこ)バレエ治療院あんじゅ院長
一般社団法人日本バレエワークアウト協会理事
バレエ解剖学講師/バー・アスティエ講師

2008年にこれまでになかったバレエ・ダンスのための鍼灸治療をバレエ鍼灸と命名、バレエ治療院あんじゅを四ッ谷にオープン。以来、国内外のダンサーの治療に当たる。

2013年NPO法人バー・アスティエ協会の講師資格を取得、2014年以降バレエの解剖学運動学に基づいたトレーニングメニューやフロアバレエクラスをスタート。

2019年『骨盤が立てばあなたの開脚は変わる』を出版し、バレエ・ダンス・表現スポーツに欠かせない開脚エクササイズを紹介している。