バレエ・ダンスの治療院をお探しなら新宿、代々木から徒歩8分。アキレス腱痛.捻挫,三角骨,膝痛,股関節痛の治療から骨盤・脊柱のゆがみ、O脚矯正。ターンアウト、甲出し、開脚の改善もサポート|ダンサーからジュニア、大人リーナも来院
バレエ治療院あんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

踊るカラダの解剖学 スタート

踊るカラダの解剖学、バレエ治療院あんじゅ

分かりにくいと言われる解剖学をあんじゅ独自の視点でお届けするのがこの解剖学コラムです。【動かす(踊る)ためにカラダはどんな特徴があるのか?】を軸に人のカラダの仕組みを一緒に見ていきましょう。

バレエ・ダンスを踊っている人なら誰しもこんな風になりたい~と思っていますよね。

楽々前後に開いた開脚したい~

バレエ・ダンスの開脚改善、ターンアウトアップ

こんな風に後ろに高く長く脚を伸ばしたアラベスクをしたい~

バレエのアラベスク、ダンサーの腰痛、バレエ治療院あんじゅ

キレイに膝も伸びてつま先も伸びてコンクールに出たい~

バレエ留学、コンクールサポート、バレエ治療院あんじゅ

今年こそあの姿を目指してがんばる!

そう思って一年をスタートさせる人は多いですね。

そこでバレエ治療院あんじゅでは、これまで25年の探求・研究・臨床を土台に、踊るカラダという視点でカラダの仕組みを紹介していきます。

そう、解剖学です。

開脚の本で取りあげた「開脚のための解剖学」のその先のお話しです。

メニューにある解剖学講座では、まず体幹・腕からスタートするのですが、多くの人の関心が多い、骨盤や脚・足などから始めます。

ただ、その前にこちらを見てください。

カラダの各部位の重さ、腕は案外重いのです。バレエ治療院あんじゅ
体幹部 21.225kg
脚部 19.78kg
全体重-脚部=30.22kg(骨盤部含めた上体です)

カラダの各部位の重さと割合を写真で表してみました。

今回、きちんとした資料を探したところ、2015年の研究資料がありましたので、それを参考にしました。

Body segment inertial parameters for Japanese elite athletes in various competitive events

アスリートを対象にした研究で、その中からフィギュアスケート(女性20代)を参考にしました。

人数  8人 平均48kg 160㎝ の測定値です。

計算してみると、

腰から下のパーツ(二本の脚)は約20kg。

ということは。。。

両脚以外の骨盤や腕、頭を含めた部分は約30kgあるんです。

脚をつかいこなしたかったら脚より上。

骨盤を含めた上体をどれだけ保つかが大事と言う理由がここにあります。

今回は、そこを念頭において骨盤を含めた下腿部から進めますね。

そして、分かりやすさの助けになるようにと、この解剖学ではアプリのイラストを題材にします。

そのアプリがこれ

解剖学3Dアトラスです。

こちらのURL からダウンロードできます。

https://anatomy3datlas.com/

踊るカラダの解剖学、バレエ治療院あんじゅ

では

踊るカラダの解剖学、スタートしますね。

解剖学 骨盤 1 骨盤は3つの骨でできている

解剖学 骨盤 2 腰の横の骨はなんていう名前?

解剖学 骨盤 3 座る時にあたる骨は坐骨

解剖学 骨盤 4 内転筋と関係のある恥骨

解剖学 骨盤 5 股関節を簡単に紹介

解剖学 骨盤 6 骨盤にもある靭帯はなぜ硬い?

解剖学 骨盤 7 骨盤の横の姿に大切なポイントがある

開脚の解剖学は、この本の第4章(p116)で紹介しています。

骨盤が立てばあなたの開脚は変わる

投稿者プロフィール

市川 淑宥子(ようこ)
市川 淑宥子(ようこ)バレエ治療院あんじゅ院長
一般社団法人日本バレエワークアウト協会理事
バレエ解剖学講師/バー・アスティエ講師

2008年にこれまでになかったバレエ・ダンスのための鍼灸治療をバレエ鍼灸と命名、バレエ治療院あんじゅを四ッ谷にオープン。以来、国内外のダンサーの治療に当たる。

2013年NPO法人バー・アスティエ協会の講師資格を取得、2014年以降バレエの解剖学運動学に基づいたトレーニングメニューやフロアバレエクラスをスタート。

2019年『骨盤が立てばあなたの開脚は変わる』を出版し、バレエ・ダンス・表現スポーツに欠かせない開脚エクササイズを紹介している。