バレエ・ダンスの治療院をお探しなら新宿、代々木から徒歩8分。アキレス腱痛.捻挫,三角骨,膝痛,股関節痛の治療から骨盤・脊柱のゆがみ、O脚矯正。ターンアウト、甲出し、開脚の改善もサポート|ダンサーからジュニア、大人リーナも来院
バレエ治療院あんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

踊るカラダの解剖学 ―骨盤1― 骨盤は三つの骨でできている

踊るカラダの解剖学、バレエ治療院あんじゅ

分かりにくいと言われる解剖学をあんじゅ独自の視点でお届けするのがこの解剖学コラムです。【動かす(踊る)ためにカラダはどんな特徴があるのか?】を軸に人のカラダの仕組みを一緒に見ていきましょう。

バレエだけでなくジャズダンス、タヒチアンダンスなどあらゆるダンスにおいて、股関節の可動域は重要な土台です。

それは、審美系のスポーツ、新体操やフィギュアスケート、アーティスティックスイミングでも同じです。

可動域が大事といわれる股関節、どこにあるのか?

はい、骨盤にあります。

骨盤の情報

3つのパーツから成り立つ腰の骨

  •  腸骨
  •  坐骨
  •  恥骨

女性はハート形、男性は縦型と言われます。

アプリがこちらです。

骨盤正面図、解剖学、バレエ治療院あんじゅ

でも本や写真などの骨盤は、3つの骨に加えて違う骨が描かれています。

ハイ、仙骨そして尾骨です。

仙骨、解剖学、ダンス、バレエ、バレエ治療院あんじゅ

仙骨は左右の腸骨(横にある骨)に挟まれているので、大抵の骨模型や図解でも仙骨付きで紹介されます。

でも、仙骨は別物です、これとても大事です。

腰が後ろに引ける(骨盤の後傾・タックイン)が起きやすい要因は、仙骨が骨盤に挟まれているから、です。

上流(肩や背中、胸)が崩れると下流(骨盤)も崩れやすい、そういう構造になっているのです。

案外、仙骨付きで骨盤だと思っている人も少なくありません。

そして股関節。

これは横向きにはついていないのが普通です。

何故なら、人は前に進んで歩くからです。

股関節は車の車輪がはまっているところと同じ働きをしています。

もし股関節の穴が横向きだったら、前には歩きにくくなる訳です。

では股関節の可動域を左右するものは一体なんなのか?

その前に、もう少し骨盤を掘り下げ手いきます。

3Dアトラスのアプリは↓からどうぞ。

https://anatomy3datlas.com/

解剖学 骨盤 2 腰の横の骨はなんていう名前?

解剖学 骨盤 3 座る時にあたる骨は坐骨

解剖学 骨盤 4 内転筋と関係のある恥骨

解剖学 骨盤 5 股関節を簡単に紹介

解剖学 骨盤 6 骨盤にもある靭帯はなぜ硬い?

解剖学 骨盤 7 骨盤の横の姿に大切なポイントが隠れている


開脚の解剖学はこの本で紹介しています。

骨盤が立てばあなたの開脚は変わる

投稿者プロフィール

市川 淑宥子(ようこ)
市川 淑宥子(ようこ)バレエ治療院あんじゅ院長
一般社団法人日本バレエワークアウト協会理事
バレエ解剖学講師/バー・アスティエ講師

2008年にこれまでになかったバレエ・ダンスのための鍼灸治療をバレエ鍼灸と命名、バレエ治療院あんじゅを四ッ谷にオープン。以来、国内外のダンサーの治療に当たる。

2013年NPO法人バー・アスティエ協会の講師資格を取得、2014年以降バレエの解剖学運動学に基づいたトレーニングメニューやフロアバレエクラスをスタート。

2019年『骨盤が立てばあなたの開脚は変わる』を出版し、バレエ・ダンス・表現スポーツに欠かせない開脚エクササイズを紹介している。