バレエ・ダンスの治療院をお探しなら新宿、代々木から徒歩8分。アキレス腱痛.捻挫,三角骨,膝痛,股関節痛の治療から骨盤・脊柱のゆがみ、O脚矯正。ターンアウト、甲出し、開脚の改善もサポート|ダンサーからジュニア、大人リーナも来院
バレエ治療院あんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

解剖学 ―骨盤 7― 骨盤の横の姿に大切なポイントが隠れている

骨盤横、解剖学、バレエ治療院あんじゅ

分かりにくいと言われる解剖学をあんじゅ独自の視点でお届けするのがこの解剖学コラムです。【動かす(踊る)ためにカラダはどんな特徴があるのか?】を軸に人のカラダの仕組みを一緒に見ていきましょう。

大腿骨に進む前に骨盤のもう一つの方向、横をとりあげておきます。

この横の位置にも大切な解剖学的ポイントがあるからです。

まずこちらのイラスト

骨盤を横から見るとこんな感じです。

背骨の一部、仙骨と尾骨がついたままを載せました。

横から見ると上はふくらんでいて、下は底辺がまるくなっている。

坐骨がなかなか立ちにくい原因が横からだと見て分かりやすいですね。

それぞれの個所に関係の深いポイントを記しておきました。

骨盤横、解剖学、バレエ治療院あんじゅ
アプリ3Dアトラスより

横からみると、前は腹筋、後ろは背筋が付着する構造が一目瞭然。

「腹筋と背筋が大切」といわれる理由はこの構造に関係あります。

前と後ろの筋肉は他にも骨盤と関係しています。

骨盤の前から始まる大腿四頭筋。

そして、坐骨から始まるハムストリングス。(イラストでは省いています)

骨盤の上は腹筋・背筋、下の方では太もも前と後ろの筋肉が骨盤に関係している。

なので、重心や後ろ重心になりすぎると簡単にコロンと前傾したり後傾したりするのです。

そして、腹筋がしっかり働いていないと骨盤は後ろに倒れるし、背中が丸くなっていたら骨盤はタックインしやすい

骨盤の位置がちゃんとまっすぐになっていないと、床についている足底部がぐらぐらして、プリエが安定しません。

骨盤には前や後ろだけじゃなく、横(外側)内側にも大切なポイントがあります。

だから今回は、その横(外側)のことも知っておくのがオススメなのです。

触って分かる骨盤の線(腸骨稜)の前横の部分から始まるのが、大腿筋膜張筋です。

骨盤横、解剖学、バレエ治療院あんじゅ
3Dアトラスより

この筋肉は幅狭く、長さもないのにとても大事な働きがあります。

解剖学用語ではなく解説すると

つまり、フロアに立っている時に働いてくれている、だけでなくアラベスクやドゥヴァンのバットマンで脚を伸ばしている時に大切な筋肉です。

やっかいなことが一つ。

この大腿筋膜張筋は、太もも外(横)の長い靭帯(腸脛靭帯)とつながっていること。(イラストで黄色くしてある長い部分です)

そのため、脚に力がはいると、大腿筋膜張筋より、腸脛靭帯がピンと張ってきて、すぐ近くに走っている大腿四頭筋の外側の筋肉(外側広筋)がはってきてしまうこと。

パッセが変わるバレエ整体・ドローインプラス、バレエ治療院あんじゅ

パッセで横に開きたいあまり脚の力でもっていく

骨盤横(腸骨)が後ろに引かれる

大腿筋膜張筋がうまく働かない

余計大腿四頭筋で脚をキープする

大腿筋膜張筋が固くなる

という負のループにはまっていきやすいのです。

そうならないための

「コツ」は?

つまり骨盤を立てておくことなのです。

そして横からの姿をみると、骨盤を立てるためには骨盤の上にある腹筋と背筋が関わてそうだとみて取れますよね。

つまり、上半身のスクエアが大切、という事なのです。

こちらのコラムでその例を紹介しています。

解剖学 骨盤 1 骨盤は3つの骨でできている

解剖学 骨盤 2 腰の横の骨はなんていう名前?

解剖学 骨盤 3 座る時にあたる骨は坐骨

解剖学 骨盤 4 内転筋と関係のある恥骨

解剖学 骨盤 5 股関節を簡単に紹介

解剖学 骨盤  6 骨盤を支える靭帯にはどんなものがある?

投稿者プロフィール

市川 淑宥子(ようこ)
市川 淑宥子(ようこ)バレエ治療院あんじゅ院長
一般社団法人日本バレエワークアウト協会理事
バレエ解剖学講師/バー・アスティエ講師

2008年にこれまでになかったバレエ・ダンスのための鍼灸治療をバレエ鍼灸と命名、バレエ治療院あんじゅを四ッ谷にオープン。以来、国内外のダンサーの治療に当たる。

2013年NPO法人バー・アスティエ協会の講師資格を取得、2014年以降バレエの解剖学運動学に基づいたトレーニングメニューやフロアバレエクラスをスタート。

2019年『骨盤が立てばあなたの開脚は変わる』を出版し、バレエ・ダンス・表現スポーツに欠かせない開脚エクササイズを紹介している。