バレエ・ダンスの治療院をお探しなら新宿、代々木から徒歩8分。アキレス腱痛.捻挫,三角骨,膝痛,股関節痛の治療から骨盤・脊柱のゆがみ、O脚矯正。ターンアウト、甲出し、開脚の改善もサポート|ダンサーからジュニア、大人リーナも来院
バレエ治療院あんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

フロアバレエクラスでエカルテを直す!

フロアバレエクラス、バレエ治療院あんじゅ

日曜日(10月2日)は、アスティエクラスでした。

テーマはやっぱり骨盤を立たせる!です。

イスに座ってのエクササイズでは立ちやすい骨盤がどうしても床に座ったり寝ると崩れてきてしまいます。

座っている状態は「大変」という意見はたくさんありますが、実は骨盤の位置が一番分かりやすい姿勢なんです。

長時間の座りっぱなしがカラダのゆがみの原点と言われているんですが、その反面こんな点もあります。

イスに座っている=坐骨の位置を意識しやすい

ということです。

イスに座っているといっても、これ↓ではありませんよ~

座りっぱなしと坐骨の関係、バレエ治療院あんじゅ
このイスの姿勢ではエクササイズは
おこないません

イスのエクササイズで意識してもらったのは、骨盤のある「場所」そして目線でした。

すると、いつもより上半身を大きく動かしても腰や肋骨がグラグラしなくなりました~

イスから床に座ってのエクササイズ、そして、床に寝るエクササイズでも骨盤を立たせる!を意識しながら動いて、最後は床に寝て「エカルテ」に脚をあげるにトライ!

エカルテ・ドゥヴァンって、前や横と違って、上半身の位置と脚の位置の絞りが難しいんですよね。その絞りの部分を床に寝ておこなうエクササイズでたっぷりおこなった後。

がこちらのエカルテのポーズです。

フロアバレエエクササイズでエカルテドゥヴァンが変わりました

いかがですか?

ラインがしっかりでているのが見て分かっていただけると思います。

バー・アスティエクラスはフロアバーなので、土台は「クラシックバレエ」です。

解剖学的に緻密に組み立てられているので、エクササイズの延長でこのようなこともできます。

イスや床に座って寝ておこなうから見えてくるものがある、と続けて9年目。いろんなエクササイズや筋トレをしてもいまいち何がつかめない、と言う方参加してみませんか?

次回11月は6日日曜日です。

フロアバレエクラス、バレエ治療院あんじゅ
画像をクリック!

投稿者プロフィール

市川 淑宥子(ようこ)
市川 淑宥子(ようこ)バレエ治療院あんじゅ院長
一般社団法人日本バレエワークアウト協会理事
バレエ解剖学講師/バー・アスティエ講師

2008年にこれまでになかったバレエ・ダンスのための鍼灸治療をバレエ鍼灸と命名、バレエ治療院あんじゅを四ッ谷にオープン。以来、国内外のダンサーの治療に当たる。

2013年NPO法人バー・アスティエ協会の講師資格を取得、2014年以降バレエの解剖学運動学に基づいたトレーニングメニューやフロアバレエクラスをスタート。

2019年『骨盤が立てばあなたの開脚は変わる』を出版し、バレエ・ダンス・表現スポーツに欠かせない開脚エクササイズを紹介している。