バレエ・ダンスの治療院をお探しなら新宿、代々木から徒歩8分。アキレス腱痛.捻挫,三角骨,膝痛,股関節痛の治療から骨盤・脊柱のゆがみ、O脚矯正。ターンアウト、甲出し、開脚の改善もサポート|ダンサーからジュニア、大人リーナも来院
バレエ治療院あんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

コンクール結果報告が届きました

コンクールサポート、ターンアウト改善、バレエ治療院あんじゅ

年末年始も変わらずコンクールはおこなわれています。

その1つに参加したYさんから嬉しいお知らせが届きました。

こんばんは。アドバイスありがとうございました♪
結果は九位でした!
これからもトレーニングがんばります♪

Yさん

小学生高学年から中学生にあがる時期は、カラダの変わり目に当たります。

軽いカラダで楽々踊れていた感覚のまま続けると壁にぶち当たります。

その時多くのジュニアが力=筋力 を使いだすんですね。

グランバットマン、軸脚の膝は伸ばしましょうと言われる訳、バレエ治療院あんじゅ
力をつかって脚をあげるとこうなる
という例

カラダが成長すると言うことは、体重も身長も増えてくると言うこと。

その状態で筋力を使いだすと跳べていたものが重くなる、回れていたものが崩れ出す…が起き始めます。

その時期に焦らずカラダをつくっていくこと、これが本当に大切なんです。

誰もが踊りやすいカラダをもっている訳ではありません。

それでも先に進みたいなら、自分のカラダをコントロールすることが必要です。

そのためにはレッスンだけでは足りないと言う状況がやってきます。

今のカラダで踊りにくい原因は、テクニックがないからではなく、無理をして以前のカラダと同じように踊ろうとしているから、です。

これは何もジュニアだけに起きることではありません。

プロのダンサーや教師にも起きるし、レッスンを受けている大人の人にも同様に起きることです。

前と違うカラダの声に耳を傾けて、コツコツコントロールするためのトレーニングを続けてきたYさん。

ターンアウトアップ、開脚改善、バレエ治療院あんじゅ
それぞれ疑問・悩みを解消したい
ジュニアがきています

ここにきて、ぐっと自分を見る「目」が育ってきました。

この見るは英語で言うとLook ではありません。

観察する、気づくなどの意味があるObserveのみるです。

自分のカラダを外から眺めるように”みる”力は、誰にでも育てることはできるのです。

Observeの意味 → 英ナビ

踊るカラダのバランスを取り戻す、バレエ治療院あんじゅ
踊るカラダをコントロールする脳

トレーニングはこの目を開かせてくれるのにとても役立ちます。

そしてこの結果につながりました。本当によかった。

あんじゅは、バレリーナ養成所ではありません。

開脚できない、スプリッツで腰が割れるなどのジュニアの悩みから、カラダの個性や成長過程、ブランク後のカラダの変化でどうしても踊りにくいと言うケースをサポートしています。

今回はYさんの例を紹介しましたが、やはり基本は股関節の可動域が関係しています

うまくいかない…と思っている場合は、まず股関節の可動域をチェックしましょう。そこがクリアになることで、うまくいかない本当に原因が見えてきますよ。

股関節の可動域チェックはこちらのメニューでおこなっています

バレエコンクール・留学サポート、バレエジュニアのからだづくり、バレエ治療院あんじゅ
メニュー詳細はバナーをクリック!

ターンアウトアップの予約はこちらから↓

バレエ治療院あんじゅ、
メニューからターンアウトアップをチェックしてください

投稿者プロフィール

市川 淑宥子(ようこ)
市川 淑宥子(ようこ)バレエ治療院あんじゅ院長
一般社団法人日本バレエワークアウト協会理事
バレエ解剖学講師/バー・アスティエ講師

2008年にこれまでになかったバレエ・ダンスのための鍼灸治療をバレエ鍼灸と命名、バレエ治療院あんじゅを四ッ谷にオープン。以来、国内外のダンサーの治療に当たる。

2013年NPO法人バー・アスティエ協会の講師資格を取得、2014年以降バレエの解剖学運動学に基づいたトレーニングメニューやフロアバレエクラスをスタート。

2019年『骨盤が立てばあなたの開脚は変わる』を出版し、バレエ・ダンス・表現スポーツに欠かせない開脚エクササイズを紹介している。