バレエ・ダンスの治療院をお探しなら新宿、代々木から徒歩8分。アキレス腱痛.捻挫,三角骨,膝痛,股関節痛の治療から骨盤・脊柱のゆがみ、O脚矯正。ターンアウト、甲出し、開脚の改善もサポート|ダンサーからジュニア、大人リーナも来院
バレエ治療院あんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

大人バレエでカエルストレッチはできるのか?写真からみるバレエ整体の施術をご紹介

バレエのストレッチ、カエルストレッチができた! バレエ治療院あんじゅ

え??カエルストレッチできた?!私みたいに硬い人でもカエルになれるなんて~

Yさん

今カエルになってるんですか?自分ではできたことなかったのに、嬉しいです!

Tさん
参考としてジュニアのも載せましたが
大差ないことが分かります

まず、カエルストレッチ体験者さんの感想とその様子をご紹介しました。

いかがですか?

比べるものではありませんが、参考とし大きな違いがでていないことを分かっていただくためにジュニアのも載せています。

大人バレエの方でも充分カエルストレッチの形になることは可能なんです。

ポイントはどこにあるのか?

カエルストレッチを阻むもの

  • 私は硬いから、カエルにはなれない…という思い込み

これがかなり関係しています。

もちろん、それぞれの骨格や関節の可動域(股関節だけでなく肩関節も)などにもよるので、違いは出てきます。でもアップしているのは

・バレエ整体を受け始めて5ヶ月のYさん

・バレエ鍼灸でケガを治してから整体をすたーとしたTさん

・バレエ整体2回目のKさん

です。

バレエ整体・ドローインプラスでは、頭の先からつま先まで、つまっているところ、固まっている関節をほぐしたり緩めたりしながら、足首や膝、股関節などカラダの各パーツがつながっていく感覚をアップさせていきます。

バレエ整体・ドローインプラス、バレエ治療院あんじゅ

カエルストレッチになる驚きのポイントとは?

驚きのポイントは、実は呼吸!

吸って吐くだけと思わないでくださいね。

意識しないで普通に吸って吐いている呼吸だと、カラダの浅いところだけが動いているのでうまく筋肉が伸びてくれません。

普通に生活していても呼吸だけにフォーカスすることはほとんどありません。

ストレッチをしていても伸ばすことに意識が集中しやすいので、呼吸をうまくつかうのは結構難しい。

そこをサポートするのが「バレエ整体・ドローインプラス」です。

カラダにはゆるみやすい方向があるので、そこをサポートしながら吸って吐いてだけに集中してもらうことで、受けているご本人もびっくりなほどカラダはゆるんでいきます。

整体5ヵ月目のYさんは

夜、寝る前に「呼吸」をつかいながら開脚前屈ストレッチを続けています。以前より楽に前にいくことができるようになってます!

Yさん

「呼吸の面白さ」に気づいてくださるところも、この整体の面白いところです。

力みが抜けない、カンブレが苦手という大人バレエの悩み、呼吸を取り入れることで意外とすんなり伸びる可能性は大有りです。

カエルストレッチは、無理に自分でやることは勧めなせんが、このストレッチの後は股関節の周り具合に違いが出てくるので、ストレッチにも違いが出てきます。

体験したい方は、こちらへどうぞ

新バレエ整体・ドローインプラス、バレエ治療院あんじゅ
バレエ整体の詳細はこちらをクリック↑
バレエ治療院あんじゅ、
ご予約はバナークリックして
バレエ整体にチェック!

投稿者プロフィール

市川 淑宥子(ようこ)
市川 淑宥子(ようこ)バレエ治療院あんじゅ院長
一般社団法人日本バレエワークアウト協会理事
バレエ解剖学講師/バー・アスティエ講師

2008年にこれまでになかったバレエ・ダンスのための鍼灸治療をバレエ鍼灸と命名、バレエ治療院あんじゅを四ッ谷にオープン。以来、国内外のダンサーの治療に当たる。

2013年NPO法人バー・アスティエ協会の講師資格を取得、2014年以降バレエの解剖学運動学に基づいたトレーニングメニューやフロアバレエクラスをスタート。

2019年『骨盤が立てばあなたの開脚は変わる』を出版し、バレエ・ダンス・表現スポーツに欠かせない開脚エクササイズを紹介している。