バレエ・ダンスの治療院をお探しなら新宿、代々木から徒歩8分。アキレス腱痛.捻挫,三角骨,膝痛,股関節痛の治療から骨盤・脊柱のゆがみ、O脚矯正。ターンアウト、甲出し、開脚の改善もサポート|ダンサーからジュニア、大人リーナも来院
バレエ治療院あんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

解剖学 ―骨盤6―骨盤にもある靭帯は何故硬い?

骨盤、靭帯、解剖学、バレエ治療院あんじゅ

分かりにくいと言われる解剖学をあんじゅ独自の視点でお届けするのがこの解剖学コラムです。【動かす(踊る)ためにカラダはどんな特徴があるのか?】を軸に人のカラダの仕組みを一緒に見ていきましょう。

骨盤を支えてくれるもの

骨盤はカラダの真ん中にあります。

仙骨で背骨とつながっていて、下には大腿骨がつながっています。

そして

もう一つ

と言うことは、カラダは始終動いてもいるから、筋肉だけだはばらばらになりそうですよね。

だから、動いてもしっかりしているように靭帯や腱で補強されています。

つまり、靭帯や腱は筋肉(タンパク質)よりも強い線維質(コラーゲン)でできています。

例)大腿骨と骨盤を構成する三つのパーツをつなげる靭帯

骨盤、靭帯、解剖学、バレエ治療院あんじゅ
アプリ3Dアトラスより

それぞれの骨と大腿骨をつなげて補強する靭帯

この三つ以外にも骨盤の前や後にはこんなに靭帯が張り巡らされてます。

骨盤、靭帯、解剖学、バレエ治療院あんじゅ
アプリ3Dアトラスより

このような補強システムがあるから人のカラダの真ん中にある骨盤は安定しているんです。

又ここが悩みどころにもなってしまう。

筋肉と違って靭帯はコラーゲン線維なので、簡単に緩んでくれない訳です。

骨盤をしっかりサポートしているけれど、無理に負荷をかければ傷がつきます。

それの一つが仙腸関節痛です。

骨盤まわり、大腿骨にはたくさんの靭帯や腱があります。

それらに負荷をかけないで、カラダを踊っていく、そのためにもカラダの仕組みを知っておくことはとっても大切。

これまで骨盤を取り上げてきました。先に進む前にもう一つ骨盤のある面を紹介します。

それが、横側。骨盤の横面にはとっても大切なポインとがかくれていますよ。

解剖学 骨盤 1 骨盤は3つの骨でできている

解剖学 骨盤 2 腰の横の骨はなんていう名前?

解剖学 骨盤 3 座る時にあたる骨は坐骨

解剖学 骨盤 4 内転筋と関係のある恥骨

解剖学 骨盤 5 股関節を簡単に紹介

解剖学 骨盤 7 骨盤の横の姿に大切なポイントが隠れている

投稿者プロフィール

市川 淑宥子(ようこ)
市川 淑宥子(ようこ)バレエ治療院あんじゅ院長
一般社団法人日本バレエワークアウト協会理事
バレエ解剖学講師/バー・アスティエ講師

2008年にこれまでになかったバレエ・ダンスのための鍼灸治療をバレエ鍼灸と命名、バレエ治療院あんじゅを四ッ谷にオープン。以来、国内外のダンサーの治療に当たる。

2013年NPO法人バー・アスティエ協会の講師資格を取得、2014年以降バレエの解剖学運動学に基づいたトレーニングメニューやフロアバレエクラスをスタート。

2019年『骨盤が立てばあなたの開脚は変わる』を出版し、バレエ・ダンス・表現スポーツに欠かせない開脚エクササイズを紹介している。